院長の休日

傘いらずの雪思う

 平成28年2月7日(日)、朝日新聞朝刊、男のひといきです。
 傘いらずの雪思う
 富山も遅ればせながら雪景色となり、いつもの冬がやってきた。
 こうなると毎日傘が必需品なのだが、北海道出身の私としては、どうも雪の日に傘をさす違和感が拭いきれない。
 そう、北海道人は冬場、傘をささない。猛吹雪でも、ささない。理由は、ぬれないからである。
 最高気温が氷点下という寒さの中、雪は奇麗な結晶を保って地上に届くため、雪まみれになっても、頭とコートをはたけばおしまい。ほうきではけるパウダースノーなのである。雪とはそういうものだと思っていた。
 ところが、そうではなかった。7年前に就職で北陸に来て、目を丸くした。雪道を皆、傘をさして歩いているではないか。いや実際、傘なしでは、ぬれて大変なのである。
 北海道人の私も、いつしか当たり前のように傘を広げるようにはなった。だが、やはり血が騒ぐのか、今でも一瞬ためらっているのが正直なところだ。
 故郷の冬はマイナス10度の極寒で、鼻毛も凍る。その寒さはさすがにこたえるだろうが、傘いらずで歩く気楽さが懐かしい。しんしんと降る雪に故郷を思った。
 (富山県高岡市 本藤有智〈ゆうち〉 医師 31歳)
 (以上、朝日新聞より引用)

      ■         ■
 そうです。
 北海道では雪の日も傘はさしません。
 私はフード付コートです。
 それとマフラーが必需品です。
 本藤先生が書かれていたように、
 北海道の雪はほうきではけるパウダースノーです。
 札幌でも寒い日は-10℃くらいになります。
      ■         ■
 真冬の雪の日に傘をさしている人は、
 札幌ではまず見ません。
 傘を持つ手が冷たいです。
 片手で傘を持って、
 凍結した路面で転倒すると大変です
 雪で濡れて困ることはありません。
      ■         ■
 鼻毛が凍る感覚は、
 体験した人でなければわからないと思います
 札幌ではまれです。
 帯広では、
 ほぼ毎日鼻毛が凍る寒さでした。
 JA帯広厚生病院に赴任した、
 平成7年1月には、
 帯広は寒いと思っていました。
 今となってはなつかしい想い出です。
 富山に赴任された、
 本藤有智(もとふじゆうち)先生のご活躍を祈念しています。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ