医学講座

調停申立と裁判

 さくらんぼさんから、
 原告が大同生命なんですね。。
 では 本間先生は訴えられてる事になるんでしょうか?
 訴える側だと思いました。
 長い期間かかると思いますが頑張ってください!

 …と第1回口頭弁論2016年5月30日(札幌地裁)に、
 原告が札幌美容形成外科だったらと思うのは私だけでしょうか?
 これでは先生が出て行かないのでなんとかしてくれ裁判みたいで、、、
 逆だったらよかったのに。

 …と第1回口頭弁論記録(札幌地裁)に、
 コメントをいただきました。
      ■         ■
 実は、
 医療法人札幌美容形成外科は、
 大同生命が訴状を提出する前に、
 札幌簡易裁判所に調停を申立てました。
 賃借権存在確認調停申立事件です。
 私は裁判のことは詳しくありません。
 弁護士の高橋智先生から、
 まず調停を申立てましょうと提案されました。
      ■         ■
 調停は、
 調停委員を前にして、
 原告と被告が同じテーブルで話し合うものです。
 裁判より費用が少なくて済みます。
 調停委員には、
 不動産の専門家も加わりますので、
 お互いに冷静にお話しができます。
 (…とお聞きしました)
      ■         ■
 話し合いがうまく進めば、
 裁判よりも短期間で解決することができます。
 私はすべて高橋智先生にお任せしています。
 大同生命側は、
 訴訟を提起されました。
 これから準備書面のやり取りが繰り返されます。
 高橋智先生は温厚な弁護士さんです。
 常に冷静沈着です。
 とても頼りになります。
 私は高橋先生にお願いして安心しています。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ