医学講座

第42回日本熱傷学会(浦安)①

 第42回日本熱傷学会で浦安に来ました。
 会長は順天堂大学浦安病院救急診療科の田中裕教授です。
 メインテーマは
 Science of ARTs
 次世代への襷(たすき)

 たすきという漢字を知りませんでした。
 浦安は東京ディズニーランドとディズニーシーがある都市です。
 1988年(昭和63年)にも、
 第14回日本熱傷学会が浦安で開催されました。
      ■         ■
 昨夜は評議員会がありました。
 学会が一般社団法人になったので、
 今は評議員会と言わず、
 社員総会と呼んでいます。
 91人の評議員がいて私もその一人です。
 65歳が定年なので、
 あと3年あります。
      ■         ■
 日本の重症熱傷の患者さんは減っています。
 ただ、
 いつ事故や災害で重症熱傷が発生するかわかりません。
 台湾での爆発事故のように、
 多数の重症熱傷患者さんが発生した時に、
 適切な治療ができることが大切です。
 日本の熱傷治療のレベルは世界的に見ても高いです。
      ■         ■
 昨日の社員総会で、
 フィブラストスプレー
 使用上の注意】が、
 本剤は熱傷潰瘍を適用としているので、潰瘍がみられない熱傷に対しては、他の適切な療法を考慮すること。

 …に変更になったと聞きました。
 以前は
 本剤は熱傷潰瘍を適用としている。新鮮熱傷に対しては本剤を使用せず、他の適切な療法を考慮すること。
 でした。
      ■         ■
 効能・効果に新鮮熱傷が追加されたのではありませんが、
 新鮮熱傷に対しては本剤を使用せず
 の文言が無くなっただけでも進歩です。
 薬の適応拡大は難しいようです。
 小児の新鮮熱傷には、
 フィブラストスプレーが効きます

 あとを残したくなかったら、
 早期からフィブラストスプレーを使うことです。
 早く効能・効果に新鮮熱傷が追加されて、
 小児への投与が正式に認可されるといいです

 今日は一日熱傷学会を聞いて、
 これから札幌に戻ります。
 空港バスの中で院長日記をUPしています。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ