院長の休日

そら君の7歳の誕生日

 今日6月24日は、
 本間家の愛犬、
 そら君の誕生日です。
 そら』は雑種です
 2010年11月21日の院長日記に書いてあります。
 雑種でもかわいい犬です。
      ■         ■
 ポメラニアンと
 ミニチュアダックスの雑種です。
 どちらがお父さんで、
 お母さんかは、わかりません。
 うちの奥さんは…
 娘に…
 『あんた、雑種の犬を…』
 『お金出して買うなんて…』
 『ばかじゃないの…』
 …なんて言ってました。
      ■         ■
 私は、
 最初に見た時から気に入りました。
 生物学的にはF1(エフワン)と言います。
 雑種第一代とか一代雑種とも言われます。
 昔、生物で習ったあれです。
 両親の良いところだけ似ることがあります。
 古くから家畜や農作物の、
 品種改良に利用されてきました。
      ■         ■
 そらは、
 ミニチュアダックスの顔に似ています。
 大きな目が特徴です。
 脚は、
 ポメラニアンに似ています。
 ミニチュアダックスより少し長いです。
 胴は、
 ミニチュアダックスより短いです。
      ■         ■
 体重は2㎏ちょっとです。
 癒し犬(いやしけん)ですが、
 卑しい犬(いやしいけん)でもあります。
 油断すると何でも食べてしまいます。
 私は怖い飼い主なので、
 私がいると悪いことはしませんが、
 目を離すとティッシュでも食べます。
      ■         ■
 2011年7月には、
 入院し緊急開腹手術になりました
 そら君が入院した原因は、
 とり肉を包んでいたラップを食べてしまい…
 それが胃から十二指腸に詰まったからです。
 ラップを食べたのが…
 2011年7月24日(日)夕方。
 家内が気づいて取り出そうとしたのですが…
 『うぅ~』とうなって…
 家内の手をかじりそうになり、
 そのまま飲み込んでしまいました。
      ■         ■
 2011年7月25日は元気で餌も食べていましたが…
 2011年7月26日早朝から嘔吐していました。
 絶飲食で…
 かつら犬猫病院を受診して、
 バリウムによる造影検査。
 日中は混んでいたので…
 夕方から内視鏡で取り出していただきました。
      ■         ■
 残念なことに、
 胃にあったラップは取れたのですが、
 十二指腸に入ってしまった部分は取れず…
 そのまま開腹手術になりました。
 体重わずか2.5キロの犬に、
 点滴をして、
 気管内挿管をして、
 全身麻酔で手術になりました。
      ■         ■
 獣医さんは素晴らしいです。
 摘出されたラップを見せていただきました。
 とてもきれいに摘出されており、
 手術が上手なことがわかりました。
 そら君は、
 手術後にICU(あい・しー・ゆー)に入室、
 無事に回復して退院しました。
      ■         ■
 開腹手術をしたためか?
 今でもお腹が弱いです。
 飼い主の私に似ています。
 犬がいると…
 家に帰るのが楽しみです。
 お金出して雑種を買うなんて…
 …と言っていた家内も、
 気に入って世話をしています。
 雑種はいいとこ取り犬です。
 7歳になったので、
 餌はシニア用になりました。
 飼い主と同じです。
20160624

7歳のそら君です
TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ