医学講座

元気なうちは働きます

 ありがたいことに
 開業医には定年がありません。
 定年を決めるのは自分です。
 私は、
 老害
 …にならないうちは、
 働こうを思っています。
 私の父親は80歳を過ぎても、
 調剤薬局のピンチヒッターとして働いていました
      ■         ■
 私の恩師、
 大浦武彦先生は
 85歳でも働いていらして、
 学会発表もなさっています。
 厚生労働省との交渉もなさっています。
 すごいことです。
      ■         ■
 私は85歳は無理ですが、
 自分が働ける間は、
 元気な間は、
 仕事をします。
 学会にも参加して、
 最新の知識を仕入れて、
 患者さんにいい医療を提供します。
      ■         ■
 形成外科の先輩を見ると、
 70代で手術をしている先生もたくさんいます
 私がJA帯広厚生病院を退職して、
 医療法人社団札幌中央形成外科の、
 副院長にしていただいたのが、
 平成10年4月でした。
 1998年4月です。
 当時1926年5月生まれの院長武藤靖夫先生は72歳でした
      ■         ■
 72歳の武藤靖夫先生から、
 フェイスリフトの手術を教えていただきました。
 目の手術は、
 神業のように、
 あっという間に二重ができて
 形成外科しか知らなかった私は、
 毎日驚きの連続でした。
 武藤靖夫先生は2009年1月16日にお亡くなりになりました
 満82歳でした。
 私も偉大な形成外科の先輩を見習って、
 働けるうちは働こうと思っています。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ