医学講座

名前が違うだけで中身は同じ薬

 昨日の院長日記、
 中身はインド製プロペシアジェネリック
 原産国がインドの原末を使って、
 日本国内で製造された、
 プロペシアジェネリック品があるという話題です。
 インド製だから悪いとは言いませんが、
 原産国くらいちゃんと記載しなさいというのが、
 私の怒りです。
      ■         ■
 逆に、
 まったく同一成分の薬で、
 名前が違うだけで、
 仕入れ価格も、
 販売価格も違う薬があります。
 それが、
 ザガーロアボルブ
 グラッシュビスタルミガン
 です。
      ■         ■
 違うのは、
 厚生労働省が決めた適応症です。
 適応症とは?
 ザガーロは『男性型脱毛症』への適応、
 グラッシュビスタは『まつ毛貧毛症』への適応があります。

 副作用などの健康被害が出た時に、
 医薬品副作用被害救済制度及び製造物責任法という、
 公的な制度による救済給付の対象となります。
      ■         ■
 育毛剤の処方を開始します
 2012年5月12日の院長日記に書いた、
 医薬品医療機器総合機構の補償対象のことです。
 札幌美容形成外科では、
 ザガーロ
 グラッシュビスタ
 …は取り扱っていません。
 理由は高いからです。
      ■         ■
 グラッシュビスタが日本国内で発売される前に、
 ラティースという薬を輸入して販売していました。
 ラティースとルミガン
 2010年8月11日の院長日記です。
 札幌美容形成外科で売れたのは、
 価格が安いルミガンだけでした。
 ラティースの販売は中止しました。
 ルミガンには細いブラシをお付けしています。
      ■         ■
 ザガーロについて、
 厚生労働省が出した通達があります。
 保医発0928 第1号
 平成27年9月28日
 厚生労働省保険局医療課長
 ザガーロカプセル0.1mg及び同0.5mgの医薬品医療機器法上の承認に伴うアボルブカプセル0.5mgの留意事項について
 標記について、平成27年9月28日付けで医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(昭和35年法律第145号)第14条第9項の規定に基づき、ザガーロカプセル0.1mg及び同0.5mgについて承認がなされたことに伴い、本医薬品と有効成分が同一であるアボルブカプセル0.5mgに係る留意事項を下記のとおりとするので、貴管下の保険医療機関、審査支払機関等に対して周知徹底をお願いいたします。
 
 アボルブカプセル0.5mgの留意事項について
 アボルブカプセル0.5mgの効能・効果は「前立腺肥大症」であり、本製剤を有効成分が同一のザガーロカプセル0.1mg及び同0.5mgの効能・効果である「男性における男性型脱毛症」の治療目的で処方した場合には、保険給付の対象としないこととすること。

      ■         ■
 アボルブカプセルを処方しても、
 保険はききませんよ
 …ということです。
 札幌美容形成外科では、
 アボルブカプセルを未承認品として、
 処方しています。
 医薬品副作用被害救済制度の対象となりません。
 自己責任で内服してください。
 中身はまったく同一品質です。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ