医学講座

DNR心肺蘇生をしないでください

 DNRでぃーえぬあーると呼びます。
 医学で使う時には、
 死ぬ時に、
 心肺蘇生しんぱいそせいをしないでください。
 (私はこのまま天国に行きます)
 …という意思表示になります。
 高齢のお年寄りが急変した時にどうするか?
 病院から聞かれることがあります。
      ■         ■
 高齢でなくとも、
 自分が死ぬとわかってきた時に、
 意思表示をしておくことがあります。
 ウィキペディアによると、
  do not resuscitate蘇生措置拒否と訳される。
 死を覚悟した患者ないし家族によって、
 容態が急変し心停止に至っても心肺蘇生法を行わないで、
 静かに看取って欲しいという意思表示がなされることがある。
 医療機関で、前もってこれらの要望を記載する用紙を「DNRシート」と呼ぶ。

      ■         ■
 心肺蘇生というのは、
 よくTVでやっている、
 心臓マッサージ人工呼吸のことです。
 心臓マッサージは、
 かなり激しい医療行為です。
 肋骨が折れることもあります。
 心臓マッサージを10分もすると、
 くたくたになります。
      ■         ■
 事故や病気で、
 急に心臓が止まった時には、
 もちろん心臓マッサージをします。
 除細動装置を使うこともあります。
 オレンジのAEDAutomated External Defibrillator
 自動体外式除細動器
は街中でもよく見かけます。
 病院には昔から除細動器があります。
 装置を作働されると身体がびくっっと動きます。
      ■         ■
 私はもし自分が助かる見込みがなかったら、
 もちろんDNRです。
 使えるところがあれば、
 ドナーになります
 提供する組織は、
 すべてです。
 もちろん採皮もしてもらいます。
 採皮するのは形成外科の先生です。
 採皮に失敗して、
 皮膚に穴があいても文句は言いません
 化けて出ることもしません。
 私はけちな男なので
 使えるものはすべて提供します。
 

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ