院長の休日

妻への感謝看病で恩返し

 平成29年11月19日、北海道新聞朝刊、読者の声への投稿です。
 妻への感謝看病で恩返し
 公務員_紙谷広樹_62
(札幌市中央区)
 11月22日は「いい夫婦の日」。私たち夫婦は結婚して36年が過ぎた。今日は妻に感謝の気持ちを伝えたいと思う。
 若い頃は、私が酒好きなこともあって、仕事にかこつけて飲み歩き、自宅に職場の同僚や後輩たちを招いたり、突然飲み友達を連れてきたりすることも度々あった。
 妻は嫌な顔一つ見せず、私の勝手な言動にずっと耐えてくれた。また、深夜に帰宅しても必ず食事を用意し、待っていてもくれた。それでも愚痴もこぼさず「十分幸せだよ」と言ってくれる。
 いつも妻は、プラス思考で明るく、私や家族みんなをサポートしてくれているのだ。中でも一番感謝していることは、私が体をこわした時、妻の献身的な看病に助けられたことだ。妻は、結婚以来、常に家族の健康管理のことを考えてくれた。そんな妻は、今年、大病を患い入院、手術した。今度は、私が精いっぱい介護する。
 これまでの尊敬と感謝の気持ちを込めて、今日は大きな声で伝えたいと思う。
 「ありがとう」
 (以上、北海道新聞より引用)

      ■         ■
 日曜日の朝に、
 気持ちのいい投稿を読ませていただきました。
 投稿者の紙谷さんは私と同年代です。
 奥さんも、
 おそらく同年代だと思います。
 入院して手術を受けられた奥様を、
 ご主人が献身的に介護する。
 なかなかできないことです。
      ■         ■
 結婚して36年は私たちと同じです。
 介護される時になったら…
 2013年5月18日の院長日記に書いてあります。
 本間家では…
 私が先に倒れて死ぬと想定しています。
 できれば…
 誰にも迷惑をかけずに…
 ぽっくりと逝きたいと願っています。
 現実にはなかなか難しいことがあります。
      ■         ■
 私は介護される時になったら…
 介護のプロにお願いしようと思っています。
 できれば…
 自宅で介護していただきたいです。
 犬もいるし…
 好きな景色もあります。
 奥さんを介護することになったら…
 プロに手伝っていただき…
 できる範囲で私も介護をすると思います。
 老人のおむつ交換も上手だと思います。
 子どもも含めて…
 なるべく迷惑をかけたくないというのが…
 私の正直な願いです。

      ■         ■
 奥さんを介護することになったら、
 介護のプロに応援をお願いして、
 私も介護をします。
 私一人で介護するのは無理です。
 二人とも介護されることになったら、
 介護のプロにお願いしたいと思います。
 嫌われないように、
 ありがとうだけは、
 ボケても忘れないようにします。
 紙谷広樹さんの奥様が、
 一日も早くよくなることをお祈りしています。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ