二重・眼瞼下垂

目頭側の二重幅が広い2018

 目頭側の二重幅が広い
 2015年10月5日の院長日記です。
 他院で埋没法を2回
 別の美容外科で、
 二重全切開の手術を1回しました。
 それでも、
 目頭側の二重幅が広くて
 眠そうな目です。
 あごを上げてものを見ています。

      ■         ■
 こんな患者さんの手術をすることがあります。
 二重の目頭側の幅が広くなるのは、
 眼瞼挙筋という筋肉の構造のためです。
 下の図は、
 ドイツ語で書かれた、
 Das Gesicht 顔
 …という臨床解剖の本の図です。
 見ていただきたいのが、
 眼瞼挙筋がんけんきょきん
 …という筋肉です。
      ■         ■
 丸い目をつくる技術③
 眼瞼下垂の再発③
 …に書いたように、
 手足の筋肉がケンタッキーなら、
 眼瞼挙筋ぎょうざの皮です。
 このぎょうざの皮は、
 下の図のように、
 視神経の方向にまぶたを引っ張ります。
      ■         ■
 形成外科専門医でも、
 注意して手術をしていない先生がいます。
 眼瞼下垂症手術をする時に、
 挙筋腱膜を引っ張る方向に注意しないと、
 目頭側の二重幅が広い目
 …になります。
 眼瞼挙筋を固定する位置が、
 微妙に違っただけで、
 二重の幅や目の形が変わります。
      ■         ■
 ぎょうざの皮を、
 髪の毛みたいに細い糸で、
 丁寧につくろうのは難しい作業です。
 難しい内容で申し訳ありません。
 なんちゃって先生にも、
 解剖学を勉強していただいて、
 せっかく手術をしたのに、
 目頭側の二重が広くて眠そうな目にしないでください。
 63歳の形成外科専門医からのお願いです。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ