医学講座

広範囲熱傷の治療戦略2019

 第25回日本熱傷学会北海道地方会で、
 一番印象に残ったのが、
 関西医科大学形成外科
 日原正勝ひはら_まさかつ先生
の特別講演でした。
 題名は、
 Damage control surgery として捉えるJACEⓇを用いた広範囲熱傷治療戦略
 です。
 衝撃でした。
      ■         ■
 日原正勝ひはら_まさかつ先生は、
 日本形成外科学会専門医、
 日本熱傷学会専門医、
 日本救急医学会専門医、
 3つも専門医を持った、
 熱傷治療のスペシャリストです。
 関西医科大学のご出身です。
      ■         ■
 もともと救急医学を志して、
 関西医科大学の救急医学講座に入局されました。
 学生時代は関西医大でラクビーをなさっていらした、
 スポーツマンです。
 私たちだったら救命が難しい、
 重症熱傷を救命していらっしゃいます。
 すばらしい治療戦略をお持ちです。
 どうしても助けたい熱傷患者さんは、
 関西医科大学病院の日原先生です。
      ■         ■
 日原先生のご講演から、
 先生が苦労して築かれた治療戦略が理解できました。
 先生ご自身が、
 救命できなかった患者さんから、
 助けてあげられなくて、
 ごめんなさい

 …というお気持ちで、
 お考えになられたことがよくわかりました。
      ■         ■
 熱傷治療をしていると、
 先生どうしても助けてください
 …と家族から懇願されることがあります。
 働き盛りのお父さんが、
 小さな子供さんを残して、
 ある日突然事故にあい、
 亡くなってしまうことがあります。
 医療者側も、
 何とか助けたいと思って毎日処置をしますが、
 救命できない熱傷があります。
      ■         ■
 関西医科大学病院、
 高度救命救急センターの日原正勝先生はすごいです。
 日原先生のご講演をお聴きして、
 私が救命できなかった患者さん
 もしかすると救命できたかも?
 …と考えました。
 形成外科の若い先生への助言です。
 私が特別講演でお聞きしたことです。
      ■         ■
 重度の広範囲熱傷患者さんを救命するためには、
 たとえ下肢を切断しても、
 熱傷面積を少なくする方法です。
 下肢切断は重大な選択です。
 救命できなくて命を落とすより、
 たとえ車椅子生活になっても、
 生きる選択が必要だと思いました。
 自分の身内が重症熱傷になったら、
 日原先生にお願いしたいと思いました。
 すばらしい広範囲熱傷の治療戦略です。
 ますますのご活躍を祈念しています。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ