わきが

第62回日本形成外科学会(札幌)②

 今日は2019年5月16日(木)です。
 第62回日本形成外科学会で私が発表した内容です。
 1540nmエルビウムグラスフラクショナルレーザーを用いた腋臭症治療
 本間賢一
 札幌美容形成外科
【目的】1540nmエルビウムグラスフラクショナルレーザーの腋臭症に対する有効性を検討した。
【方法】2018年6月から2019年5月。1540nmエルビウムグラスフラクショナルレーザー装置で治療を行った。リドカインクリームで表面麻酔を行い、1.5×1.5㎝角のXDマイクロレンズを使用した。。

      ■         ■
 上の文章が抄録として2018年11月に提出したものの一部です。
 フラクショナルレーザーを使って、
 腋臭症の患者さんを治療しました。
 今回の発表の結論は、
 残念なことに
 2019年5月の時点では、
 手術にはかなわない
 …というのが私の結論です。
      ■         ■
 ただ著効例となった方もいました。
 客室乗務員さんの手術
 …に書いたようなケースです。
 一度、外科手術を受けたものの、
 一部に薄いアポクリン腺が残存した方です
 レーザー照射で満足する結果でした。
 学会で他の先生からのご意見もいただきました。
      ■         ■
 未治療の腋臭症患者さんには、
 厚いアポクリン腺の層があります。
 現在のレーザー装置では、
 表層のアポクリン腺は処理することができても、
 深部までは無理でした。
 一度、外科手術を受けたものの、
 薄いアポクリン腺の層が残っていて、
 それが原因でにおいが気になる方は、
 1540nmエルビウムグラスフラクショナルレーザーで改善する可能性があります。
      ■         ■
 また思春期で、
 まだアポクリン腺がそれほど発達していない時期に、
 レーザー治療をすると、
 においが改善する可能性が考えられました。
 あざのレーザー治療は、
 皮膚が薄い赤ちゃんによく効きます。
 アポクリン腺の治療は赤ちゃんでは無理ですが、
 においが気になる思春期の子供さんには、
 効く可能性が考えられます。
 学会会場にいらしたレーザーの大家の先生からも、
 賛同を得られました。
 残念なのは保険適応にできないことです。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ