医学講座

第62回日本形成外科学会(札幌)④

 3日間の第62回日本形成外科学会が無事に終わりました。
 今日の札幌のお天気は晴天です。
 札幌ドームでは嵐のコンサートがあります。
 ホテルや飛行機が混んでいて申し訳ありませんでした。
 私が形成外科医になって、
 札幌で3回目の日本形成外科学会総会でした。
      ■         ■
 学会3日目は朝から、
 学術フォーラム「遠友学舎北大同門アカデミア〜」
 顔面神経再建の「過去現在」8:30~10:30

 …を聞きました。
 司会:古川洋志(愛知医科大学医学部形成外科)
    林 礼人(順天堂大学医学部附属浦安病院 形成外科・再建外科)
1 これまでの顔面神経麻痺再建(臨床並びに基礎研究の変遷)
 林 礼人(順天堂大学医学部附属浦安病院 形成外科・再建外科)
2 神経移植の「過去現在」
 松田健(新潟大学医学部形成外科学教室)
3 神経移行の「過去現在」
 橋川和信(神戸大学大学院 医学研究科 形成外科学)
4 筋肉移植の「過去現在」
 多久嶋亮彦(杏林大学医学部形成外科)
5 静的再建の「過去現在」
 大河内 真之(帝京大学医学部附属病院 形成外科)
6 思い入れのある症例や海外の状況について
 岡崎 睦(東京大学大学院医学系研究科 形成外科学分野)
7 より良い動的再建を実現させる為の手技的工夫やポイント
 田中一郎(東京歯科大学市川総合病院 形成外科)
8 再建例に対する評価法について(国際基準と日本の現状)
 林 明照(東邦大学医療センター 佐倉病院 形成外科)
9 顔面神経再建の動物実験モデル
 古川洋志(愛知医科大学医学部形成外科)

      ■         ■
 日本の顔面神経麻痺治療は世界でもトップクラスです。
 波利井清紀はりいきよのり先生の、
 マイクロサージャリーを使った再建が世界的に有名です。
 この学術フォーラムの最後に、
 波利井清紀先生が、
 顔面神経再建をした患者さんから、
 『食事をした時に動くので、、、』
 …と言われたエピソードを教えてくださいました。
      ■         ■
 波利井先生が再建された患者さんでも、
 何らかの不具合があり、
 波利井はりい先生は、
 その患者さんの訴えに、
 真摯に耳を傾けて、
 新しい術式への改良へとつなげているのだと感動しました。
 形成外科は奥が深く、
 興味深い分野だとあらためて思いました。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ