わきが

レーザーによるわきが治療

 私が第62回日本形成外科学会で発表した、
 エルビウムグラスフラクショナルレーザーを用いた腋臭症治療は、
 米国サイノシュア社製の、
 アイコンiconというレーザー装置を使った治療です。
 もともときずあと
 ニキビあと
 …の治療用として米国FDAの承認を得た機器です。
      ■         ■
 このフラクショナルレーザーをわきに当てると、
 アポクリン腺がダメージを受けます。
 病理組織学的にも、
 アポクリン腺がダメージを受けたことが証明されました。
 残念なことに、
 アポクリン腺ができあがった、
 成人の腋窩に照射しても、
 深部まではレーザーが届きませんでした。
      ■         ■
 腋窩のアポクリン腺は、
 中心部が一番厚く、
 周辺に行くにしたがって薄くなります。
 客室乗務員さんの手術
 …に書いたように、
 反転剪除法で残った、
 乳房側の、
 薄いアポクリン腺には効きました。
      ■         ■
 私が手術をさせていただいたCAさんも、
 今だったらレーザーで治せる可能性があります。
 申し訳ないことをしました。
 同じことが、
 思春期の子供さんにも言えます。
 まだアポクリン腺が厚くなる前に、
 レーザー治療を繰り返すと、
 アポクリン腺の発達を阻害できる可能性があります。
      ■         ■
 残念なことは、
 こうした先進的な治療には、
 健康保険が使えないことです。
 2019年5月現在で保険適応になるのは、
 腋臭症手術と、
 重度原発性腋窩多汗症に対するボトックス注射だけです。
 私のような個人開業医ではなく、
 国立わきが研究所ができて、
 わきが治療が進歩するといいのですが、、、 

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ