医学講座

医療者としての志を捨てた先生

 今日は2019年12月11日(水)です。
 札幌は暖かいです。
 雪がとけています。
 暖かさは12日まで続いて、
 その後は寒くなるようです。
 お医者さんにも、
 あたたかい先生と、
 つめたい先生がいます。
      ■         ■
 昨日の院長日記、
 この肺みて手術する医者がいたら会ってみたいに、
 メガネさんからいただいたコメントです
 医療者としての志を捨て(忘れてではなく)、
 自身の技量向上と患者を良くすることを喜びとせず
 利潤の追求のみに転向してしまった先生が臨床を続けたら…。

 残念なことですが現実にそんな医者がいます。
      ■         ■
 美容外科で有名な言葉に、 
 悪魔に魂を売る
 …という表現があります。
 売上のために
 悪魔にたましいを売って、
 売上に貢献している先生がいます。
      ■         ■
 はっきり申し上げると、
 悪魔に魂を売っていたクリニックには、
 倒産してしまったところがあります。
 悪いことをしていても長くは続きません。
 美容外科ばかりではなく、
 保険診療の病院にも、
 老人の施設にも、
 医療者としての志を捨てたところがあります。
      ■         ■
 自分の専門外だったら、
 私でも
 いい先生
 いい病院
 いい施設
 …を見つけるのは難しいと思います。
 結局のところ、
 自分が患者になったら受けたい医療を提供するのが、
 長く続けられる理由だと思います。
 お金もうけをしたければ投資家をすすめます

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ