医学講座

外傷性刺青がいしょうせいしせい

 今日は2020年1月6日(月)です。
 札幌は寒いです。
 雪はありません。
 うっすらと積もっている程度です。
 このまま小雪だと、
 札幌市の除雪予算が大助かりです。
 あまり積もらないでほしいです。
      ■         ■
 外傷性刺青がいしょうせいしせい
 聞きなれない言葉です。
 うちの奥さんが、
 2019年12月29日に転倒しました。
 雪はありませんでした。
 路面も凍結していませんでした。
 道路にあったのは砂や泥です。
      ■         ■
 顔面から転倒したうちの奥さんは、
 頬と口唇にキズができただけではなく、
 たくさんの異物が真皮に入りました。
 これを、
 外傷性異物がいしょうせいいぶつと言います。
 放置すると、
 外傷性刺青がいしょうせいしせい
 泥が入れ墨のようになります。
      ■         ■
 形成外科専門医になるには、
 外傷性異物の治療を正しくできないとダメです。
 顔のキズからは出血しています。
 どんなところで、
 どんなふうにケガをしたか?
 正確に問診をします。
 道路で転倒した時には、
 まず100%異物が残ります。
      ■         ■
 顔の血液をきれいに除去して、
 局所麻酔をして、
 異物を確認します。
 麻酔をしないと痛くて動くので、
 きれいに除去できません。
 形成外科の教科書には、
 歯ブラシで異物を除去すると書いてあります。
      ■         ■
 札幌美容形成外科にも、
 異物除去用の歯ぶらしがあります。
 やわらかい毛の歯ブラシです。
 うちの奥さんは、
 マイクロの細い摂子で除去しました。
 顔のケガは痕が残ると大変です。
 うちの奥さんには痕が残りませんでした。
 ふだんはうるさいとか言われてますが、
 少しは感謝してくれているようです。 

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ