医学講座

エクモという救世主

 今日は2020年3月8日(日)です。
 新型コロナウイルスの影響で、
 日本中が大変なことになっています。
 世界中で感染者数が増えています。
 残念なことですが、
 私は感染者数がもっと増えると予想しています。
 自分もいつ感染するかわかりません。
      ■         ■
 65歳の高齢者だから、
 感染すると危ないです。
 でも、、、
 そんなに恐れていません。
 日本は感染者数の割に、
 死者数が少ないと思います。
 日本は医療技術が進歩しているからです。
 救命救急センターには、
 素晴らしい装置がたくさんあります。
      ■         ■
 その一つが、
 ECMOエクモ
 extracorporeal membrane oxygenation
 体外式膜型人工肺
です。
 第26回日本熱傷学会北海道地方会①で、
 肺実質型気道熱傷による呼吸不全に対し体外式膜型人工肺(V-V ECMO)導入で救命できた1例
 市立札幌病院救命救急センターの
 桜井圭祐先生からご発表がありました。
      ■         ■
 ECMOを扱える施設は限られています。
 扱える先生も限られています。
 人工呼吸器でもダメだったら、
 エクモがあります。
 まだ新型コロナウイルスの特効薬はありません。
 私は必ず治療薬が見つかると思います。
 世界各国で協力して治療法を見つける時です。
 私は日本の医療技術を信じています。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ