医学講座

子どものやけどにフィブラストスプレー

 子育ては大変です
 子どもが大きくなってくると、
 いろいろなものに興味を持ちます。
 行動範囲も広くなります。
 やけどをすることも多くなります。
 これからの季節は、
 特に注意が必要です。
      ■         ■
 まみ子師長さんの研究は、
 1988年から1994年の7年間に、
 帯広の高木皮膚科診療所を受診した、
 熱傷患者3481例
を調べたものです。
 3000人を超える熱傷患者の統計は、
 なかなかありません。
 貴重な研究です
      ■         ■
 3481例中、
 5歳以下の乳幼児が全体の40.2%
 加熱液体1372例
 加熱固体1545例です。

 子どもが、
 熱いものをかぶる、
 熱いものに触ることによって、
 やけどをします。
      ■         ■
 やけどをした子どもの親は必死です。
 少しでもきれいに治るように、
 必死で調べます。
 ネット上には、
 正しい情報も、
 間違った情報もあります。
 正しい情報と間違った情報が、
 混じっていることもあります。
 何を信じていいのかわからなくなります。
      ■         ■
 注意して欲しいのが、
 赤ちゃんのやけどです。
 赤ちゃんの皮膚は薄く、
 同じ温度のお湯でも、
 大人より深いやけどになりやすいです。
 診断を間違うこともあります
 専門医でも難しいです。
      ■         ■
 あかちゃんのやけどに、
 劇的に効くのが、
 フィブラストスプレーです
 今までの治療法だと、
 傷が残ったり、
 手術が必要になったようなやけどでも、
 きれいに治ります。
      ■         ■
 私はできるだけ早期から、
 やけどをした直後から、
 フィブラストスプレーを使うのが良いと思います。
 フィブラストスプレーに含まれる、
 細胞増殖因子(さいぼうぞうしょくいんし)が、
 やけどを早くきれいに治します。
 日本で生まれた治療法です。
 申し訳ございませんが、
 札幌美容形成外科では子供さんのやけど治療は実施していません。

“子どものやけどにフィブラストスプレー”へのコメント

  1. さくらんぼ より:

    昔はそんなスプレーなどないのでやけどして今も指が曲がったり頭が禿げたりしたままの人も沢山います。私の知識では水で冷やすしかしりませんでした。よいスプレーができて良かったですね。

  2. なっちゅん より:

    私はストーブに従姉に突き飛ばされ一歳の時首に火傷をおったそうですが馬の油で綺麗に完治しました。
    今はいいスプレーがあるんですね。
    この田舎にあるのかが不安ですが、鍋を触ったくらいの火傷なので今も馬の油を塗布しています。
    女性ですから痕が残るのは嫌ですね。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ