医学講座

第60回日本形成外科学会(大阪)④

 還暦を迎えた第60回日本形成外科学会から、
 昨夜帰ってきました。
 4月13日に大雪が降ったと聞いたので、
 札幌はどんなに寒いか?
 …とおそるおそる帰ってきたら、
 意外とあたたかでした。
 郵便や書類をクリニックでチェックして帰宅しました。
 休診中でもたくさん郵便物が来ます。
      ■         ■
 最終日の最後に行われたのが、
 シンポジウム14形成外科医に対する美容外科教育
 4月14日(金)15:50~17:20 
 司会
 高柳 進(メガクリニック)
 野平久仁彦(蘇春堂形成外科)
 演者
 美容外科教育 現実的な選択とは何か?
 野平久仁彦(蘇春堂形成外科)
 形成外科医に対する美容外科教育
 保阪善昭(総合東京病院形成外科・美容外科)
 形成外科医に対する美容外科教育
 宇津木龍一(クリニック宇津木流)
 形成外科のsubspecialtyとしての美容外科の確立に向けて
 朝戸裕貴(獨協医科大学形成外科学)
 形成外科医に対する美容外科教育美容外科医になって考えること
 藤本雅史(ヴェリテクリニック)
 形成外科医に対する美容外科教育
 井上義一(藤田保健衛生大学形成外科)

      ■         ■
 このシンポジウムを聞くために、
 最終日の17:00まで会場にいました。
 とても参考になったのが、
 ヴェリテクリニックの藤本雅史先生と、
 藤田保健衛生大学形成外科の
 井上義一先生のご発表でした。
 お二人とも、
 日本形成外科学会専門医です。
 優秀な美容外科医です。
      ■         ■
 お二人のご発表をお聞きして、
 形成外科医が美容外科を学ぶ大変さがわかりました。
 私の時とほぼ同じです。
 ふつうの形成外科医をしていて、
 美容外科を学ぶチャンスはありません。
 大学によっては、
 【美容】に行くと、
 【破門】もあるようです。
      ■         ■
 日本の大学医学部にも、
 美容外科部門ができています。
 残念なことですが、
 患者数はとても少ないです。
 収支を計算すると、
 おそらく赤字です。
 大学で美容外科を学ぶことは、
 ほぼ無理だと(私は)思います。
      ■         ■
 藤本雅史先生は、
 ハワイの解剖学セミナーで、
 福田慶三先生と知り合い、
 美容外科医への道を歩みはじめました。
 福田慶三先生は、
 美容外科医の心得3段活用
 …でご紹介した先生です。
 英語もぺらぺらで、
 日本形成外科学会でも、
 日本美容外科学会でも、
 とても有名な先生です。
      ■         ■
 藤田保健衛生大学形成外科の
 井上義一先生は、
 大学の先輩や、
 韓国や、
 上海のセミナーで勉強され、
 実際に韓国の有名なクリニックで研鑽され、
 美容外科技術を身につけたと、
 とても詳しく解説してくださいました。
      ■         ■
 私は、
 日常の美容外科診療で、
 美容外科医全員が、
 顔の骨切り手術まですることはないと思います。
 しっかりと形成外科を学んで、
 麻酔と救命救急の知識があれば、
 安全に手術ができると思います。
 藤本先生、
 井上先生、
 ためになるご発表をありがとうございました。
 素晴らしい美容外科医だと思いました。

“第60回日本形成外科学会(大阪)④”へのコメント

  1. なっちゅん より:

    留守の間の郵便、書類の整理
    お疲れ様でした。

    骨を切る手術は危ないと
    以前に書かれてましたね。

    先生全員が骨を削る手術経験があるような
    時代になり
    安全に手術されるといいなぁと思います。

    私の第一のコンプレックスなので……。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。形成外科でも骨切りをする先生は限られています。専門医取得レベルだと顔面骨骨折の手術程度です。私はふつうに美容形成外科をするなら、シミと悪性腫瘍の区別ができる方が、骨切りより大切だと思います。顔の骨を切ってほしい人は少ないですが、顔にできたできものやシミのような腫瘍はよくあるからです。シミだと思ってレーザーぱしぱししたら、悪性腫瘍だった?なんて大変なことです。命にかかわります。

  2. えりー より:

    4月13日は片付けた冬靴を、
    あわてて出して外出しましたが
    今日は春の陽気になり、
    先生のお心遣いに感謝しつつ
    帰宅しました。

    昨日は17時まで学会にいらして、
    今日から診療される本間先生の
    体力に驚きました。
    お医者様は日頃から健康管理も
    大切なのですね。

    大学によっては形成外科から美容へ
    行くと破門になるとは、
    初めて知りました。
    先生のおっしゃるように、
    なんちゃっての先生ではなく、
    形成外科をしっかり学ばれて
    事故のない安全な手術が一番だと
    思いました。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。形成外科の知識は美容外科に役立ちますが、形成外科専門医だからすぐに美容外科をはじめられるとは限りません。美容外科には美容外科のノウハウがあります。なかなか難しいことです。

  3. すみれ より:

    美容外科の勉強も奥が深いのですね。真摯に学ぶ本間さんは、立派だと思います。学会に出席するということが、大事なんですね。お疲れ様でした。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。私は単に形成外科が好きなだけです。学会に参加すると親しい先生と話しも情報交換もできるのでとても勉強になります。

  4. さくらんぼ より:

    お疲れ様でした。 たくさんの先生方と交流して勉強していらっしゃる先生はすごいです。だからいろんな知識や技術、考え方もなんちゃってからなど負けないのですね。 これからもますますパワーアップした先生が楽しみです。 すみません、昨夜は疲れ8時前に寝てしまいました。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    お疲れのところコメントをいただきありがとうございます。私も昨年親父が入院して手術を受けた時は学会にもゆけず、毎日の診療が終わってから病院に行きくたくたでした。家族でなければできないことも多く大変だと思います。さくらんぼさんもお身体に気をつけてください。

  5. くくるん より:

    大学によっては、美容に行くと破門もありうるのは、始めて知りました。
    大学病院にも美容部門出来てるのに赤字なのは、知らない人が多いからでしょうか?

    骨切り出来るような先生は確かにすごいと思います。
    でもシミと黒色腫をきちんと診断出来るほうが多くの人には必要な気はします。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。美容外科手術はこっそり受けたい人が多いので医学生がいる大学病院には行かないのです。行くのは他の美容外科でトラブルになった患者さん、超VIPで特別な患者さんなど限られた人です。医学生が美容外科手術を見学することはまずありません。医局員ですら見せてもらえない大学があります。多いのがちょっとしたシミの患者さんなどです。シミと悪性黒色腫の鑑別もできないのにシミの治療はすべきではないと(私は)思います。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ