医学講座

「見た目問題」に苦しむ人たちを支援する

 平成30年7月28日、朝日新聞朝刊の記事です。
 ひと「見た目問題」に苦しむ人たちを支援する
 外川浩子とがわひろこ(51歳)さん
 原点は怒りだ。20代後半につきあっていた男性は、顔の下半分に皮膚移植の痕があった。赤ちゃんのころのやけどが原因だ。並んで歩くと、ジロジロ見られ、コソコソと「あの顔見た?」と話す声も聞こえてきた。
 「悪いことをしてもいないのに」。視線の暴力を知った。
 顔の変形、アザ、全身の脱毛。好奇の目にさらされ、就職や結婚でも差別を受ける。だが、多くは治療の緊急性がなく、機能的な障害がないため、福祉的なサポートはほとんどない。そんな問題を「見た目問題」と名付け、苦しむ人たちを支援してきた。
 2006年に立ち上げた「マイフェイス・マイスタイル」は2011年にNPO法人化した。写真展や交流会にとどまらず、地元、東京・墨田の区議会に6月、相談窓口の設置など公的支援を求める陳情書を出した。採択した区議会は、就職差別禁止などの施策を求める意見書を国に出してくれた。
 苦しむ人たちは、「他人が話しかけづらいのは仕方がない」と考え、自分から声をかけるといった努力をしている。そんな生き方を、かっこいいと思う。
 でも当事者に我慢や適応を強いる社会はおかしい。見た目を重視する風潮を変えたい。「外見が人と違っても生きやすい社会は、誰もが自分らしい顔で自分らしい生き方ができる社会だと思う」からだ。
 (文・岩井建樹 写真・山本和生)

外川浩子とがわひろこさん(51歳)
(以上、朝日新聞より引用)

      ■         ■
 NPO法人、
 マイフェイス・マイスタイル
 …のことは知りませんでした。
 形成外科は見た目を治す科です
 私自身が、
 たくさんの見た目で苦しむ患者さんを診てきました。
 今は子供たちの手術はしていませんが、
 赤ちゃんの手術をしていたこともありました。
      ■         ■
 朝日新聞の記事にある、
 顔の下半分に皮膚移植の痕があった。
 赤ちゃんのころのやけどが原因だ。
 並んで歩くと、
 ジロジロ見られ、
 コソコソと
 「あの顔見た?」と話す声も聞こえてきた。

 どんな状況か想像ができます。
      ■         ■
 20年以上前のことだと思います。
 顔の下半分に皮膚移植の痕
 身体の他の部分がどうかわかりませんが、 
 手術で目立たなくできる可能性があります。
 血管腫などのアザも、
 治療法が進歩しました

 見た目問題」で苦しむ人たち
 少しでもよくなってほしいと願っています。

“「見た目問題」に苦しむ人たちを支援する”へのコメント

  1. さくらんぼ より:

    昔は治療する人が少なかったと思います。友人にやけどで指が曲がったままの人がいますが私より器用です。義母も瞼に真っ青なあざがあり、息子たちが小さい頃 ばあちゃんの顔の絵を書くと目を真っ青に染めるので叱るわけにもいかず困ったことがあります。今は形成外科があるので治おせますね。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。形成外科医の中には自分にあざがあって小さい頃に手術を受けた先生もいます。青いあざはレーザー治療でよく治るようになりました。やけどで曲がった指を治すのは形成外科です。見た目を治す必要性を朝日新聞社が取り上げてくれてうれしかったです。

  2. えりー より:

    自分が望んだり選択した事でもない
    容姿のことで傷つき悩み心のバランス
    も崩してしまう方が、たくさんいると
    思います。当事者にしかわからない
    辛さもあると思います。私も気にしてる
    事を指摘されて落ち込んだことも
    ありました。自分と他人それぞれの
    違いをお互いに理解して、
    みんなが生きやすい世の中になって
    欲しいと思います。

    形成外科は体も心も救ってくれる
    素晴らしい医療だと思いました。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。見た目、容姿、身体の汗やにおいで悩む人は多いです。救命救急や癌を治す医学はもちろん必要ですが、見た目を治す医学も必要だと思います。ご理解いただきありがとうございます。

  3. なっちゅん より:

    お疲れ様です。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    体調が悪いですか?お大事になさってください。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ