医学講座

政治家の病気と予算

 昨日の院長日記、
 レーザーによるわきが治療
 …に国立わきが研究所ができて、
 わきが治療の研究が進むといいなぁ~
 …と書きました。
 日本はわきが治療の先進国です。
 わきが治療の先駆者は民間の医師です。
      ■         ■
 日本は顔面神経麻痺治療の先進国です。
 健康保険の適応になる、
 顔面神経再建手術もあります。
 顔面神経麻痺になる原因の、
 ヘルペスウイスルの薬も保険適応です。
 私は保険適応で治せるのは、
 とてもいいことだと思います。
      ■         ■
 日本が顔面神経麻痺治療先進国になったのは、
 有名な政治家が顔面神経麻痺で悩み、
 顔面神経麻痺の研究や治療に、
 たくさんの予算をつけたからだと、
 専門家の間で語り継がれています。
 (知らない医学生もいると思います)
 国の予算を決めるのは政治家ですから、
 患者さんの悩みを政治家自身が知れば知るほど、
 たくさんの予算がつくと思います。
      ■         ■
 もしわきがで悩む政治家がいて、
 超党派でわきが予算をつけてくれたら、
 日本のわきが治療は、
 間違いなく進歩すると思います。
 新しい機器が承認を受けて、
 保険適応になるのは大変なことです。
 わきがで悩む政治家は、
 必ずいると思います。
 政治家でも、
 私もわきが困っているので
 わきが予算
を増やします、、、
 …なんて言えないんです。

“政治家の病気と予算”へのコメント

  1. なっちゅん より:

    日本は顔面神経麻痺治療先進国
    だったのですね。
    それすら知りませんでした。

    有名な政治家のお陰でしたか。

    ですが本当ですね。
    わきがなんです。
    とカミングアウトするのは
    勇気がいります。

    予算の確保はなかなか難しいですよね。

    私はレーザー脱毛して
    毛深い自分とさよなら出来ました。

    手軽なレーザーで
    わきがが完治する時代が
    早く来て欲しいですね。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。レーザー脱毛は進歩しました。わきが治療の難しいところは深いところにアポクリン腺がありレーザーが届かないことです。顔面神経麻痺の治療は進歩しました。わきが治療ももっと進歩するといいと願っています。

  2. さくらんぼ より:

    日本が顔面神経麻痺とワキガの先進国だとは知りませんでした。看護師や医師の議員もいるのだから、その方々に頑張ってもらいたいです。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。看護師さんの待遇が改善されたのは国の医療政策が変わったためです。副院長に看護師さんが就任するのは珍しくなくなりました。私はいいことだと思います。わきが治療の予算を増やしますと公約しても票が増えないかなぁ~?と思います。やはりこっそり治したいのがわきがなんです。

  3. えりー より:

    有名な政治家が
    病気など悩みを抱えたら予算に
    よって研究や治療が発展するのですね。
    お恥ずかしいですが改めて知識を
    得ることができました。ありがとう
    ございます。わきがに悩んでおられる
    政治家がいると私も思います。
    勇気ある方が声を上げて、わきがの
    治療技術が進歩すると良いですね。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。国の予算を決めるのが政治家ですから鶴の一声で予算が増えることは考えられます。わきがで悩んでいる人は多いので、研究が進んで手術をしなくても治る時代が来るといいと願っています。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ