二重・眼瞼下垂

10年前とまるで別人

 猛暑お見舞い申し上げます。
 山形など本州では猛暑で大変と報道されています。
 お見舞い申し上げます。
 北海道は少し暑い程度です。
 夏は北海道に住んでいてよかったと思います。
 うちの奥さんが、
 おばの供養登山の私の写真を見て、
 10年前とまるで別人
 …と言います。
      ■         ■
 下の写真は2003年8月に撮った写真です。
 15年前とくらべても、
 今の顔と違います。
 昔は気づきませんでしたが、
 眼瞼下垂症です。
 一番最初に私を眼瞼下垂症と診断してくださったのが、
 松尾清先生でした。
      ■         ■
 自覚症状で一番変わったのが、
 車の運転です
 眼瞼下垂症手術を受ける前は、
 旭岳まで運転は不可能でした。
 途中で奥さんに交代してもらいました。
 今は旭岳まで運転できます。
 肩もこらなくなりました。
 私は55歳で手術をしていただきましたが、
 48歳の写真を見ても手術適応があります。
 札幌美容形成外科で一番多い手術が、
 眼瞼下垂症手術です。
 ご予約をお待ちしております。

2003年 48

2018年 63

“10年前とまるで別人”へのコメント

  1. えりー より:

    本間先生の目の開きが違いますね。
    先生の日記で眼瞼下垂症の事を
    知り勉強させていただいて、
    眼瞼下垂症では?と
    思う人がまわりにもいます。
    仕事が忙しく時間が取れないと
    おっしゃる方が多いですが、
    困っている方には先生の事や
    日記の事を伝えようと思っています。

    昨日は時間がなく今、日記を拝読
    しました。申し訳ありません。
    熊は人里離れた山に住んでいて
    民家の近くまで来るとは昔は
    考えていませんでした。
    いろいろ環境が変化しているのかと
    心配になりました。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。10年前どころか15年前と比較しても目が開いてます。手術をしていただいてよかったです。熊はこわいです。住民のためにも札幌市がしっかりと熊対策をしていただきたいです。事故が起きてからでは遅いです。

  2. さくらんぼ より:

    山形は 灼熱の毎日です。いったい どうしたのでしょうか。ダムの水も底をつきそうです。 先生は眼瞼下垂の手術をされてから運転が楽になり良かったですね。私は来週1人で秋田の妹の娘の七回忌に車で行きますが、最近運転していて眠くなったり、足が痛くて車を降りた時 足の底が痛く地面につけないのです。休み休み行くので妹には内緒で早朝行くのではなく前日行きビジネスに泊まり当日は妹たちと温泉に泊まってきます

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。猛暑はどうなっちゃたのでしょうか?私は眼瞼下垂症の手術をしていただいてから運転できる距離が飛躍的に延びました。以前は運転が苦痛でしたが最近は苦痛ではなくなりました。下腿が痛くなることはありますが地面につけないことはありません。足を踏んでもらいたいのですがやってくれる人がいないので足裏マッサージ機を使っています。ビジネスホテルの件は内緒ですね。でもここに書いちゃうとバレますね。

  3. なっちゅん より:

    黒目が確かに以前はかぶさってますね。

    こういう目の方は眼瞼下垂ですから
    時間が許せば早く手術された方がいいですね。

    眼瞼下垂という病名の知名度があがれば
    楽になる方が多くなると思います。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。単にまぶたの『たるみ』ではなく眼瞼下垂がんけんかすいという病気で保険適応で手術が受けられるということをもっと知っていただきたいです。頭が痛い、肩が痛いと病院にかかっている方も多いと思います。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ