昔の記憶

歯科口腔外科の実習

 札幌医大には、
 歯科口腔外科がありました。
 教授は歯科医師の先生でした。
 歯科口腔外科には…
 歯科医師と医師の両方の免許を持った先生が
 何人かいらっしゃいました。
      ■         ■
 歯科と医科には…
 共通する疾患があります。
 私たち札幌医大の学生は、
 歯科口腔外科の講義と臨床実習がありました。
 歯科口腔外科をどの程度学ぶかは…
 各大学によって異なります。
 札幌医大は充実していました。
      ■         ■
 私たちは、
 6年生の臨床実習で、
 抜歯の仕方と…
 連続歯牙結紮(れんぞくしがけっさつ)による…
 顎間固定(がっかんこてい)法を習いました。
 医師免許でも…
 抜歯をしてもよいことになっています。
 (実際にする先生は稀です)
      ■         ■
 形成外科医になってから、
 この歯科口腔外科の実習が役立ちました。
 私が勤務した当時の…
 釧路労災病院、
 市立札幌病院、
 帯広厚生病院には、
 歯科がありませんでした。
      ■         ■
 困ったのが、
 顔の外傷で歯が折れたり…
 あごの骨が折れていて…
 どうしても…
 抜歯などの手術が必要な時でした。
 日中でしたら、
 歯科の先生に応援を依頼することもできましたが、
 深夜2時とかにお願いすることはできませんでした。
      ■         ■
 札幌医大では、
 僻地のお医者さんになって…
 もし、あごの骨が折れた患者さんが来たら…
 こうしてワイヤーで歯を固定して…と…
 学生に歯科口腔外科を教えていました。
 僻地や離島で役立つようにと習った方法が、
 500床以上もある大病院で役立つとは、
 夢にも考えませんでした。
 今はそれらの病院にも歯科ができています。
 形成外科と協力して手術をすることもあります。
      ■         ■
 美容外科医の中には…
 抜歯をして、
 あごの骨まで切ってしまう先生がいます。
 私は、
 骨は切れても…
 微妙なかみ合わせは、
 歯科の先生が診るべきだと思います。
 医科と歯科の協力
 という2010年2月3日の日記に書いてあります。
 私は歯科口腔外科を習ったからこそ…
 歯科の先生にお願いするべきことは、
 医師が手を出すべきではないと考えます。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ