医学講座

美容外科へ行く時の準備(既往歴編①)

 既往歴(きおうれき)と読みます。
 今までにどんな病気をした…?
 どんな手術を受けた…?
 …という
 ご自分の、
 病気の歴史のようなものです。
      ■         ■
 医師が病気を診断する時に、
 重要な手がかりとなります。
 美容外科でも…
 既往歴(きおうれき)、
 特に手術歴が大切です。
 今まで、
 何回、埋没法の手術を受けた…?
 わきがの手術を受けた…?
      ■         ■
 実際の診療で困るのは…
 はっきり覚えていないという人が、
 実に多いことです。
 高校生の頃に…
 母親に連れられて…
 二重の手術を受けた…
 場所…?
 先生…?
 まったく覚えていません。
      ■         ■
 最初の二重は…
 3ヶ月で取れて…
 大学に入る前に2回目をして…
 22歳の時にもう一度しました。
 また取れたので…
 もう何回したか覚えてません。
 最後は東京だったような…
      ■         ■
 …というような方は、
 珍しくありません。
 二重が取れた原因がわからないと、
 適切な手術法を選べません。
 埋没の糸が何本も入っていると…
 まぶたの裏側がたがたです。
 手術で糸を取るにも、
 手術回数や先生がわかると…
 糸を探す手がかりとなります。 
      ■         ■
 手術を、まったく覚えていない人でも、
 手術前の写真があれば、
 手術前の瞼の状態がわかります。
 中学生や高校生の頃の…
 学生証はありませんか…?
 とお願いすることもあります。
 残念なことに、
 証拠隠滅のために…
 昔の写真はないことも多いです。
      ■         ■
 手術で瞼の中を見ると、
 糸や傷で、
 まぶたの中ががたがたになっていることがあります。
 その方の既往歴が、
 残っているや、
 きずとしてわかる場合もあります。
 美容外科ならではの苦労です。
 表面からはわからないことが、
 手術でわかることもあります。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ