院長の休日

上田勝彦さん

 昨夜(2010年10月31日)、
 TVのソロモン流を見ました。
 水産庁加工流通課課長補佐
 上田勝彦さん。
 久しぶりにすごい人を見ました。
 官僚とはほど遠い外見でした。
 どう見ても魚屋のおっさん
 感動しました。
 以下は番組HPからの引用です。
      ■         ■
 1964年島根県生まれ。 長崎大学水産学部を卒業後、漁師を経験。
 「大学を出ているなら現場の声を伝えてくれ」と周囲の漁師仲間の声に後押しされ、27歳の時に農林水産省・水産庁に入省。
 白長靴と首のタオルがトレードマーク、豊富な魚の知識や料理の腕前が注目を集め、型破りな国家公務員として、テレビ・雑誌に紹介される。
 近年、全国各地の漁村では、漁業者の高齢化や後継者不足、魚価の低迷など問題点は多い。 上田さんはこうした問題に立ち向かうべく、賢人自らが無償で全国を奔走し漁師の意見を聞いていく。 さらに、魚の味と鮮度を良くする「活け締め」の技術を自ら研究、その方法を全国の漁師に伝えている。
 時に漁師、時に魚屋、時に包丁を持ち料理を振る舞う、パワフルな官僚・上田勝彦の毎日に密着。
      ■         ■
 北海道の稚内にまで、
 ボランティアで講演に行き、
 講演の最後に、
 ご自分の携帯電話の番号を知らせて、
 いつでも疑問があったら電話してください。
 若い漁師のお兄さんが、
 真剣な眼差(まなざ)しで講演を聴いていました。
      ■         ■
 鮭の身は、
 身の側から焼き始める
 皮の方から焼くと臭みが出る。
 魚をいじった後…
 手についた匂いを取るには、
 石鹸で手を洗った後で、
 水道蛇口のステンレス部分を、
 両手でこする。
 こうするとイオンの働きで匂いが取れる。
      ■         ■
 知らないことばかりでした。
 長崎大学水産学部を卒業後に
 漁師として働いていたが、
 不漁のために漁師を諦めることになる。
 その時に、
 同僚から「大学を出ているなら現場の声を(国へ)伝えてくれ」
 …と言われて、
 国家公務員試験を受け合格
 すごい人です。
      ■         ■
 番組の終わりの方で、
 ご家庭が紹介されていました。
 笑顔が素敵な奥様でした。
 3人のお子様も、
 とても素直でいい子でした。
 上田さんの、
 マグロ料理が最高に美味しそうでした。
 素晴らしい官僚でした。
      ■         ■
 私は、
 中央政府にこんな人がいてくれて…
 日本国もまだまだ捨てたものではないと思いました。
 上田勝彦さんが、
 農林水産大臣になって、
 日本の農林漁業を良くして欲しい…
 番組を見ながら思いました。
 残念なことに再放送はないようです。
 ネットで『上田勝彦』と検索するとたくさん出てきます。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ