院長の休日

卒後30年

 平成22年11月6日(土)に、
 札幌医大27期、
 卒後30周年の同期会がありました。
 私は25歳で卒業し、
 現在56歳です。
 もう還暦を過ぎた同級生もいました。
 一人も亡くなることがなく、
 全員元気で30周年を迎えました。
      ■         ■
 土曜日の同期会には、
 卒業生の半数近くが集まりました。
 札幌医大を卒業して、
 東京女子医大へ行った先生。
 東京慈恵医大へ行った先生。
 30年ぶりに会った人もいました。
 懐かしい・楽しい時間でした。
      ■         ■
 私たちは…
 ふだん先生と呼ばれる職業です。
 病院で会っても…
 卒業後は○○先生と呼びます。
 同期会は別です。
 教授になった同期も…
 院長になった同期も…
 昔のまま呼び捨てでOKです。
      ■         ■
 『本間、お前のブログ読んでる』
 『これブログに書かないで!』
 つたない院長日記を読んでいただき、
 ありがとうございます。
 『毎日、よく続けるよなぁ~』
 『本間、昔からまめだったからなぁ~』
 同級生とはいいものです。
      ■         ■
 私のように、
 50歳近くになってから開業した友人。
 卒後、10年程度で開業した友人。
 いろいろな人生があり、
 さまざまな苦労があります。
 同業者ならではの、
 貴重な情報交換も…
 たくさんありました。
      ■         ■
 一番、若い先生でも55歳、
 最高齢は60歳を超えています。
 でも…
 外見では…
 年齢は判断できませんでした。
 若い先生でも老けて見える人もいるし、
 60歳を超えていても、
 元気はつらつとした人もいました。
 共通の話題は、
 元気でいたい。
 病気はしたくない
 卒後30年のお医者さんの実感です。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ