医療問題

昨今の研修医気質

 卒後30年の同期会。
 私の同期には、
 教授もいれば、
 院長も部長もいます。
 何もできなかった卒業直後から、
 後輩を指導する立場になっています。
      ■         ■
 教授も、
 院長も異口同音に…
 医師不足を嘆いていました。
 大学にも人がいないようです。
 大きな病院の部長職でも、
 まだ当直をしているそうです。
 一晩当直をすると、
 2日はダウンしてしまう…。
 とてもよくわかります。
      ■         ■
 研修医は、
 すぐに辞めてしまう
 つらいことはしない
 給与を高くしないと集まらない
 現代の若者気質は、
 お医者さんも同じなのでしょうか…?
 高いこころざしの人は…
 少ないのでしょうか?
      ■         ■
 私たちが卒業した30年前。
 確かに給与で選んだ人も…?
 一部にはいたかも…?
 でも、大部分の同期は、
 自分が将来何をしたいか?
 自分がどんな仕事に向いているか?
 …で、決めたように思います。
      ■         ■
 札幌医大→北大へ行った私は、
 同期の中でも、
 もっとも給与が低かったと思います。
 それでも…
 結婚もできました。
 人生で最も幸せだったのは、
 2DKの公団住宅で新婚だった頃です。
      ■         ■
 これから卒業して医師免許を取得する先生には、
 自分の性格や適性を考えて、
 専門とする科を選ぶことをおすすめします。
 人と話すのが苦手な方は、
 基礎医学で研究者という道もあります。
 好きでもないのに…
 何となく選んだのでは…
 長続きしません。
 配偶者選びと同じです。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ