昔の記憶

はじめての学会発表

 私の全国学会デビューは、
 卒後4年目。
 第10回日本熱傷学会。
 1984年(昭和59年)5月23日(水)・24日(木)。
 東京でした。
 学会長は、
 防衛医科大学校皮膚科教授。
 藤田恵一先生でした。
      ■         ■
 その日本熱傷学会で、
 昨日の院長日記に書いた、
 糖尿病を持った老人熱傷の一例を、
 発表しました。
 当時はPCはありません。
 発表はすべてスライド
 原稿は手書きでした。
 何度も書き直しました。
      ■         ■
 はじめての学会発表。
 学会一週間前の月曜日夕方のカンファレンス。
 大浦先生以下、
 北大形成外科の先輩から、
 厳しくチェックしていただきました。
 スライドを作り直して…
 発表原稿も訂正して…
 小野一郎先生に何度も直していただきました。
 それでも、
 発表前は超緊張していました。
      ■         ■
 新人が学会で発表する時には、
 必ず上の先生がついています。
 医者のことばで、
 オーベンがつくと言います。
 発表そのものも大切ですが、
 発表後の質疑応答が難関です。
 この時に、
 ちゃんと答えられるかどうか…が心配です。
      ■         ■
 演者(えんじゃ:発表した人)が答えられないと…
 心配そうに聞いていたオーベンが、
 さっと席を立って…
 マイクへ向います。
 共同演者の○○ですが…
 ただいまのご質問にお答えいたします
 とお助けマンになってくれます。
 とても心強いものです。
      ■         ■
 私の発表は、
 北大でチェックしていただいたおかげで…
 無事に終えることができました。
 今までに何十回と学会発表をしましたが、
 最初の全国学会のことはよく覚えています。
 私は…
 共同演者の小野一郎先生に
 お助けマンになっていただくこともなく、
 無事に発表を終えました。
 小野一郎先生は会場で聞いていてくださいました。
 心強かったのを覚えています。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ