医学講座

第3回国際乳房オンコプラスティックサージャリーシンポジウム

 長い名前の学会です。
 第3回
 国際
 乳房オンコプラスティックサージャリー
 シンポジウム
 私の友人である、
 ナグモクリニックの
 南雲吉則先生が副会長です。
      ■         ■
 今日と明日の2日間、
 東京のお台場、
 ホテル日航東京で開催されます。
 乳房オンコプラスティックサージャリーとは…
 乳がんを…
 形成外科的な再建技術を使って…
 きれいに治す…
 …という意味だと考えます。
 今日、半日だけ参加して来ました。
      ■         ■
 私自身は、
 皮膚癌の手術はたくさんしましたが、
 乳癌の手術はお手伝いをした程度です。
 札幌には、
 札幌医大第一外科出身の、
 浅石和昭先生がつくられた、
 おっぱいクリニックがあります。
 札幌ことに乳腺クリニック(浅石和昭先生)
 札幌乳腺外科クリニック(岡崎稔先生)
 新札幌乳腺クリニック(岡崎裕先生)、
 3つの乳線クリニックで、
 とてもきれいな手術をなさっています。
      ■         ■
 形成外科では、
 北海道大学形成外科の、
 山本有平(やまもとゆうへい)教授が、
 乳房再建を積極的になさっています。
 私は、
 乳癌治療はしません。
 陥没乳頭や
 乳頭縮小などの手術をしています。
      ■         ■
 今日の学会に参加して感じたこと。
 乳がん治療は、
 切って治すだけではない。
 英国のMichael Dixon先生が
 見せてくださった患者さん。
 私の経験では、
 余命3ヵ月?
 と思うほどの乳癌が、
 新しいneoadjuvant 内分泌療法で…
 みごとに治っていました。
      ■         ■
 私は乳癌治療の専門家ではなく、
 癌の治療については素人です。
 南雲先生の学会に参加して、
 乳癌治療の認識を新たにしました。
 一日しか参加できませんでしたが、
 私も南雲先生のように、
 錆びない生き方をしたいと思います。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ