昔の記憶

横綱大鵬のをご冥福をお祈りいたします

 平成25年1月20日、朝日新聞朝刊、天声人語です。
 敗戦5日後、ソ連軍が南下する樺太から最後の引き揚げ船が出る。1500人がひしめく船内に、3人の子を連れた母がいた。船は稚内経由で小樽に向かう途中、魚雷で沈んだ。母親を船酔いにし、稚内で下船させたのは相撲の神様なのか。色白の末っ子は、名横綱大鵬になる。
 ▼納谷幸喜(なやこうき)さんが、72歳で亡くなった。母が生地の北海道から樺太に渡り、ウクライナ人と出会ったのも縁だろう。その父親とは戦中に離別、少年時代は道内を転々とし、重労働で家を支えた。
 ▼大量の薪を割り、ツルハシで道を直し、スコップで砂利をすくう。険しい山に苗木を植え、柄が背丈ほどある鎌で下草を刈った。腰を入れて体全体で鎌をひねる動作は、得意技のすくい投げにつながる。
 ▼32回の優勝は別格だ。ライバル柏戸の剛に対して柔、自在な取り口で受けて強かった。対戦相手は「柏戸は壁にぶつかる感じ、大鵬は壁に吸い込まれる感じ」と振り返る。その姿、その所作、静止画にたえる横綱だった。
 ▼子どもが好きなものを並べて「巨人、大鵬、卵焼き」と言われた全盛期、巨人と一緒は面白くなかったらしい。「有望選手を集めれば勝つのが当たり前。こっちは裸一貫なのに」と。晩年、若手の没個性や、稽古量の乏しさをよく嘆いた。「日本は豊かになりすぎた」。
 ▼貴乃花が土俵を降りて、きょうで10年になる。大鵬、貴乃花、白鵬。美しく強い綱の系譜はまだ伸びるのだろうか。相撲を取らずとも、ただ見とれていたい力士が少なくなった。
      ■         ■
 私が夕張の鹿島中学校3年生だった時です。
 修学旅行で弟子屈町(てしかがちょう)の川湯温泉に泊まりました。
 その町に、
 横綱大鵬のお兄さんがいらっしゃいました。
 みやげ物店を経営されていた記憶があります。
 大鵬にそっくりでした。
 友人と記念写真を撮らせていただきました。
 とても親切な方でした。
      ■         ■
 北海道にとって…
 横綱大鵬は誇りであり、
 あこがれでした。
 ロシア人の血が入っていることは、
 昔はあまり言われていませんでした。
 今朝の北海道新聞には…
 ロシアでも大きく報道されていると出ていました。
      ■         ■
 北海道で30年も医師をしていると…
 この患者さんは…
 ロシア人の血が入っている?
 …と感じる時があります。
 本人も知らないことが多いようです。
 色白できれいな肌です。
 お母さんがウクライナ人と結婚したので、
 名横綱が生まれました。
 国境を越えた恋が名横綱を生みました。
      ■         ■
 北海道では、
 ロシアから来たやけどの患者さんの治療があります。
 有名なコンスタンチンちゃんを治療したのは、
 私の先輩である阿部清秀(あべせいしゅう)先生です。
 私も新千歳空港までロシアの患者さんを迎えに行って…
 救急車で札幌医大まで搬送したことがありました
 色白のロシア人は傷がキレイに治ります。
 皮膚の弾力が違います。
      ■         ■
 横綱大鵬は、
 努力の人でした。
 他人の何倍も稽古(けいこ)をしました。
 精神的にも強い方だったと思います。
 大鵬号という車を何台も日赤に寄付されました。
 北海道が生んだ、
 郷土の英雄、
 横綱大鵬のご冥福を心からお祈りいたします。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ