医学講座

第116回日本美容外科学会(東京)②

 昨日の院長日記でご紹介した…
 bFGFを使った美容医療は、
 将来有望な若返り治療です。
 飯尾先生らのご尽力により、
 適切な使い方もわかってきました。
 ただ問題があることも事実です。
 形成外科系の日本美容外科学会には、
 多数の大学の形成外科教授も参加しています。 
      ■         ■
 もし、大学病院で…
 bFGFの臨床研究をしようと思うと…
 まず大学の倫理委員会の承認が必要です。
 第116回日本美容外科学会では、
 京都大学再生医学研究所の、
 田畑泰彦教授が、
 『バイオマテリアルからみた再生治療の現状と今後の展望』
 …という特別講演をしてくださいました。
      ■         ■
 田畑教授は、
 bFGFを使って、
 壊死になった足を治す治療をしていらっしゃいます。
 田畑教授がディスカッションで発言されました。
 『bFGFを使った研究が倫理委員会で承認されるまで6年かかりました』
 しっかりと審査をして、
 慎重に承認した結果です。
 それで6年もかかったそうです。
      ■         ■
 bFGFの一番心配な点は発癌です。
 私が学会で聞いてきて
 『画期的なしわ取り法ができたって』
 『注射するだけでしわがきれいに取れる』
 『ただ発癌のリスクがある』
 …と奥さんに話したところ…
 しわが取れても癌になりたくないからしない
 …と言いました。
      ■         ■
 私自身は発癌のリスクは極めて低いと考えています
 ただ製造メーカーである科研製薬は、
 注射剤として使うことを認めていません。
 もちろん厚生労働省も認めていません。
 ある先生が、
 注射剤として承認されていない薬を注射して…
 もし副作用が発現し…
 将来、訴訟が起きたら100%敗訴です
 …と発言されました。
      ■         ■
 私は石橋をたたいて渡らない人間なので…
 bFGFを使った若返り治療は、
 日本美容外科学会で認められるまではいたしません。
 よく効く薬ほど、
 慎重に使うべきだと思います。
 使い方を誤るととんでもないことになります。

 札幌美容形成外科では、
 まだこの治療法は行いません。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ