院長の休日

院長日記の効果

 私が尊敬する、
 弁護士の高橋智(たかはしさとる)先生の日記、
 ブログの更新回数は、仕事の忙しさのバロメーター
 私のことを褒めていただきました。
 お恥ずかしい限りです。
 毎日、苦労して書いています。
      ■         ■
 ブログを更新するには…
 常に新しい知識を身につける必要があります。
 朝日新聞の天声人語は…
 毎日必ず読んでいます
 北海道新聞も読んでいます。
 ほんとうは…
 日本経済新聞も読みたいのですが…
 時間が無いので読んでいません。
      ■         ■
 毎日書いているので…
 更新していないと…
 本間先生…死んだ?とか…
 具合悪い…?
 何かあった…?
 …と心配してくださるので、
 休まずに書いています。
      ■         ■
 昔、朝日新聞に…
 フジ三太郎という漫画が連載されていました。
 毎日まいにち楽しみにしていました。
 作者はどんな方なのだろう…?
 フジ三太郎のような愉快なおじさん?
 …を想像していましたら、
 とても真面目そうな方でした。
      ■         ■
 毎日書くのは大変ですが…
 予備校時代に身につけた…
 継続は力なりを実践(じっせん)しています。
 大学受験ラジオ講座では…
 実戦英文法など…
 実践(じっせん)
 実戦と書いていましたが、
 毎日が自分との戦いです。
      ■         ■
 日記の効果は、
 患者さんが私という医師を選ぶ時に…
 この先生はこんな考えの人だ
 …と判断していただくのに役立ちます。
 私は高橋智先生を知る前は、
 弁護士さんに悪い人はいない
 …と信じていました。
 それは大きな間違いでした
      ■         ■
 ○○○医師会顧問弁護士が…
 医師にとって最善の弁護士だと考えていました。
 それもとんでもない間違いでした
 私が高橋智先生を知ったのは…
 北海道新聞の記事でした。
 道新に弁護人の高橋智弁護士は
 「客観的な証拠はなく、水増しを実行した医療事務会社社長の供述で罪をかぶせられた、典型的な冤罪(えんざい)事件」
 …と紹介されていました。
      ■         ■
 先生の事務所に電話する前に…
 HPで先生が書かれた文章を読みました。
 印象に残ったのが、
 北大法学部の『給湯室』のことでした
 実際にお会いしてみると…
 HPのお人柄の通りでした。
 今までにお会いした弁護士さんとは違いました。
      ■         ■
 私は、
 高橋智先生の文章の中で、
 真駒内、曙中学校の記事などが好きです。
 真駒内を通った時に…
 曙中学校のハルニレの木が見えると…
 高橋先生の木だ…
 …と見てしまいます。
 これからもSammy’sダイアリーを楽しみにしています。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ