昔の記憶

2014年3月11日

 2011年3月11日、午後2時46分頃、
 私は50代男性の眼瞼下垂症の手術中でした。
 身体が揺れている感じがしました。
 患者さんが、
 めまいのように…
 身体が…
 ゆれている感じがします。
 …と言われました。
      ■         ■
 東日本大震災から3年です。
 記憶が薄れないうちに…
 もう一度震災のことを考えたいと思います。
 震災では、
 電気も…
 水道も…
 ガスも止まりました。
 マンションのエレベーターは使えません。
      ■         ■
 震災後の仙台では…
 マンションの高層階は嫌われ…
 低層階から埋まると聞きました。
 今も深刻な住宅不足で、
 今年、仙台の大学へ進学する学生さんは、
 高いアパートの家賃に困っているそうです。
 防災や、
 避難、
 災害時の情報収集も、
 もう一度考え直す時です。
      ■         ■
 震災直後、
 米国は日本への渡航を危険だと報道しました
 震災後に徳島で開催された、
 第54回日本形成外科学会には、
 外国人招待者が来日されませんでした。
 今から考えると、
 米国の報道が正しかったことがわかります。
 毎日TVで会見していた人の家族は、
 海外へ避難していたと後から知りました。 
      ■         ■
 福島の原発はまだ混乱のままです。
 災害はいつかまた起こります。
 将来に備えて、
 安全な国を作るのが、
 政治家の使命だと思います。
 東京直下型地震が起きても…
 生き残れるまちづくりが大切だと、
 私は思います。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ