医学講座

わき汗ボトックスへの企業努力

 札幌美容形成外科は、
 平成25年度決算が赤字になりました
 ボトックスの購入代金が高く、
 薬問屋さんへの支払いが増えたからです。
 薬価が下がって、
 患者さんの負担は減りましたが
 注射手技料は180円のままです。
      ■         ■
 私が一人30分くらいかけて、
 両脇に注射して、
 技術料が180円です
 180円というのは…
 看護師さんが外来で…
 『ちょっとちくっとしますょ…』
 『はい、終わり』
 …という簡単な皮下注射の料金です。
 医師が…
 30分もかかってするわきボトックスが…
 180円では完全に赤字です。
      ■         ■
 注射料の他に…
 初診料なども請求できますが…
 それでも赤字です。
 どう考えても国が決めることは変です(怒!)
 怒っていても赤字は減らないので、
 さまざまな企業努力をしています。
 医療の質は低下させないで、
 少しでも赤字にならないように、
 企業努力を重ねています。
      ■         ■
 そのひとつが注射針です
 私はけちな男ですが
 使うものにはこだわりがあります。
 通常の皮下注射に使う27G(にじゅうななげーじ)という針だと、
 ワキ汗ボトックスには太すぎます。
 自由診療で8万円で注射していた時と同じ針を使っています。
      ■         ■
 脇汗注射に使う針は、
 日本国内で売られている針ではありません。
 極細の輸入品です。
 札幌美容形成外科ではドイツ製の針を使っています。
 業者さんを通して買うと高価です。
 針一本が180円以上になります。
 最低でも2本使っています。
     ■         ■
 ドイツ製の針を海外から直接購入しています。
 注射針は薬事法で医療機器に分類されます。
 輸入には、 
 医薬監証明という許可が必要です
 厚生労働省、関東信越厚生局に書類を送って、、、
 許可をもらわないと通関できません。
 私はこの書類を自分で作っています。
 自分でさいたま市まで送っています。
 そうすると輸入消費税を払うだけです。
 円安で輸入は厳しいですが、、、
 安全快適な医療のため、
 企業努力を重ねています。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ