医学講座

ピアスのキャッチが埋まった

 おそらく、
 自分の身体に傷をつけるおしゃれ入門は、
 耳たぶのピアスです
 最近は男性でもピアスをする人がいます。
 注意しなくてはいけないのが、
 ケロイド体質や、
 金属アレルギーです。
      ■         ■
 金属アレルギーの人がピアスをして、
 無理に続けていると、
 穴の部分がぐちゃぐちゃになります。
 気がつくと…
 キャッチが埋まっていることがあります。
 外せません。
      ■         ■
 ピアス本体が抜けても…
 品質の悪いピアスだと、
 キャッチが耳たぶに埋まることがあります。
 さあ大変です。
 救急病院へ行ったとしても、
 研修医マニュアルにピアスのキャッチは書いてありません。
 担当する研修医も困ります。
      ■         ■
 どこの科に行ったら良いかもわかりません。
 形成外科や美容外科でなくても、
 ピアスの施術をしている皮膚科で、
 上手に治してくれるところもあります。
 ピアスのキャッチがわからない研修医がいても、
 不思議ではありません。
 医学部では教えません。
      ■         ■
 研修医の先生へアドバイスです。
 ピアストラブルの患者さんは、
 メスで切開する必要はありません
 局所麻酔をして、
 麻酔の針でキャッチやピアスを確認します。
 大部分のキャッチは、
 耳たぶの裏側から外すことができます
 先の細いモスキートー鉗子が役立ちます

医学講座

ピアスのキャッチが埋まった

 おそらく、
 自分の身体に傷をつけるおしゃれ入門は、
 耳たぶのピアスです
 最近は男性でもピアスをする人がいます。
 注意しなくてはいけないのが、
 ケロイド体質や、
 金属アレルギーです。
      ■         ■
 金属アレルギーの人がピアスをして、
 無理に続けていると、
 穴の部分がぐちゃぐちゃになります。
 気がつくと…
 キャッチが埋まっていることがあります。
 外せません。
      ■         ■
 ピアス本体が抜けても…
 品質の悪いピアスだと、
 キャッチが耳たぶに埋まることがあります。
 さあ大変です。
 救急病院へ行ったとしても、
 研修医マニュアルにピアスのキャッチは書いてありません。
 担当する研修医も困ります。
      ■         ■
 どこの科に行ったら良いかもわかりません。
 形成外科や美容外科でなくても、
 ピアスの施術をしている皮膚科で、
 上手に治してくれるところもあります。
 ピアスのキャッチがわからない研修医がいても、
 不思議ではありません。
 医学部では教えません。
      ■         ■
 研修医の先生へアドバイスです。
 ピアストラブルの患者さんは、
 メスで切開する必要はありません
 局所麻酔をして、
 麻酔の針でキャッチやピアスを確認します。
 大部分のキャッチは、
 耳たぶの裏側から外すことができます
 先の細いモスキートー鉗子が役立ちます

医学講座

ピアスのキャッチが埋まった

 おそらく、
 自分の身体に傷をつけるおしゃれ入門は、
 耳たぶのピアスです
 最近は男性でもピアスをする人がいます。
 注意しなくてはいけないのが、
 ケロイド体質や、
 金属アレルギーです。
      ■         ■
 金属アレルギーの人がピアスをして、
 無理に続けていると、
 穴の部分がぐちゃぐちゃになります。
 気がつくと…
 キャッチが埋まっていることがあります。
 外せません。
      ■         ■
 ピアス本体が抜けても…
 品質の悪いピアスだと、
 キャッチが耳たぶに埋まることがあります。
 さあ大変です。
 救急病院へ行ったとしても、
 研修医マニュアルにピアスのキャッチは書いてありません。
 担当する研修医も困ります。
      ■         ■
 どこの科に行ったら良いかもわかりません。
 形成外科や美容外科でなくても、
 ピアスの施術をしている皮膚科で、
 上手に治してくれるところもあります。
 ピアスのキャッチがわからない研修医がいても、
 不思議ではありません。
 医学部では教えません。
      ■         ■
 研修医の先生へアドバイスです。
 ピアストラブルの患者さんは、
 メスで切開する必要はありません
 局所麻酔をして、
 麻酔の針でキャッチやピアスを確認します。
 大部分のキャッチは、
 耳たぶの裏側から外すことができます
 先の細いモスキートー鉗子が役立ちます

医学講座

ピアスのキャッチが埋まった

 おそらく、
 自分の身体に傷をつけるおしゃれ入門は、
 耳たぶのピアスです
 最近は男性でもピアスをする人がいます。
 注意しなくてはいけないのが、
 ケロイド体質や、
 金属アレルギーです。
      ■         ■
 金属アレルギーの人がピアスをして、
 無理に続けていると、
 穴の部分がぐちゃぐちゃになります。
 気がつくと…
 キャッチが埋まっていることがあります。
 外せません。
      ■         ■
 ピアス本体が抜けても…
 品質の悪いピアスだと、
 キャッチが耳たぶに埋まることがあります。
 さあ大変です。
 救急病院へ行ったとしても、
 研修医マニュアルにピアスのキャッチは書いてありません。
 担当する研修医も困ります。
      ■         ■
 どこの科に行ったら良いかもわかりません。
 形成外科や美容外科でなくても、
 ピアスの施術をしている皮膚科で、
 上手に治してくれるところもあります。
 ピアスのキャッチがわからない研修医がいても、
 不思議ではありません。
 医学部では教えません。
      ■         ■
 研修医の先生へアドバイスです。
 ピアストラブルの患者さんは、
 メスで切開する必要はありません
 局所麻酔をして、
 麻酔の針でキャッチやピアスを確認します。
 大部分のキャッチは、
 耳たぶの裏側から外すことができます
 先の細いモスキートー鉗子が役立ちます

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ