医学講座

市立札幌病院の医療事故公表

 私は北海道内の大病院と呼ばれる病院に約25年間勤務しました。
 その中でも、
 私が医師として大きな経験を積んだのが
 市立札幌病院でした。
 今でも当時の人脈は大きく役立っています
 私の恩師、吉田哲憲先生は、
 札幌市特別職として市立札幌病院の
 初代、病院事業管理者に就任されました
      ■         ■
 吉田哲憲先生が市立札幌病院に残された業績は数多くあります。
 歴代院長が解決できなかった、
 静療院という精神科分院の統合もその一つです
 私がすごいと思うのが、
 毎年の医療事故の発表です。
 吉田哲憲先生の時代からはじまりました。
      ■         ■
 事情を良く知らない議員や、
 医療業界のことを知らない市民からは、
 市立病院でこんなに事故がある!
 けしからん。
 …という意見もあるようです。
 医療業界をよく知る人たちからは、
 さすが市立札幌病院。
 よく発表した。
 重大事故が少ない。
 …と評価されています。
      ■         ■
 全国の大学病院や公立病院で、
 おそらく医療事故がない病院はありません。
 美容外科でも、
 最近は医療事故保険である、
 医療事故共済の支払が増えているようです。
 なんちゃって美容外科医だけではなく、
 美容外科専門医のクリニックでも事故があります
      ■         ■
 札幌市病院局では、
 市立札幌病院で発生した医療事故等について、
 「札幌市病院局における医療事故等の公表基準」に基づき
 公表を行っております
 この公表は、市民に対して適切な情報提供を行うことにより、
 市立札幌病院における医療の透明性を高めるとともに、
 安心して医療を受けられる環境づくりと
 医療安全管理体制の向上を図ることを目的としています。

 美容医療業界にも
 安心して医療を受けられる環境づくりが大切だと思います。 

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ