医学講座

菓子折りを持って謝りに行く

 日本の伝統文化でしょうか?
 謝罪に行く時には、
 菓子折りを持って行くのが礼儀のようです。
 北海道以外はどうなのでしょうか?
 私には、
 苦い経験があります。
      ■         ■
 医療ミスの経験
 開業への思い④
 …に書いてあります。
 私がJA帯広厚生病院の
 形成外科主任部長だった時のことです。
 JA帯広厚生病院は、
 十勝地方で最大規模の病院です。
 夜間の救急患者さんも診ていました。
 形成外科の夜間の担当は…
 2年目の形成外科医でした。
      ■         ■
 私の下に形成外科専門医が一人いて、
 3人体制で形成外科を担当していました。
 夜間は、
 病院の近くに住む若い医師が呼ばれて、
 患者さんの診察や手術をしていました。
 自分で手に負えないと判断すると、
 私の次の先生を呼ぶのが…
 当時の暗黙のルールでした。
      ■         ■
 若い先生は、
 有名国立大学を卒業し、
 医師国家試験も一発で合格した…
 ‘優秀な’先生でした。
 残念なことですが…

 私が‘こうしてはいけない’と
 口うるさく注意していた
 医療ミスをしてしまいました。
 実に単純なミスでした。
      ■         ■
 次の日の外来で…
 そのミスに気付きました。
 外来が終了してから、
 私に報告がありました。
 幸い後遺障害にはなりませんでした。
 私は担当副院長に報告し、
 医事担当次長、
 医事課長と相談しました。
      ■         ■
 ベテランの事務方は、
 事故の対応にも慣れていらっしゃいました。
 事務次長が菓子折りを準備してくれました。
 私は研修医と一緒に…
 患者さんのご自宅まで…
 謝りに行きました。
 幸い後遺障害がなかったこと、
 痛みもなく、
 キズも治ったので、
 患者さんからは訴えられませんでした。

      ■         ■
 この時に、
 JA帯広厚生病院の事務担当次長が用意してくださったのが、
 六花亭の十勝日誌でした。
 北海道の人ならご存知だと思います。
 本のような形をした入れ物です。
 開くと、
 中にお菓子がびっしり入っています。
 確か5000円の十勝日誌でした。
      ■         ■
 私と研修医は、
 その六花亭の十勝日誌を持って、
 患者さんのご自宅まで謝りに行きました。
 突然行ったので、
 患者さんもお母さんもびっくりしていました。
 わざわざいらしていただいて…
 …とまで言っていただきました。
      ■         ■
 幸い後遺障害もなく、
 傷も治りました。
 若い女性患者さんでした。 
 『そんなに謝らないでください』
 『言われなければ…』
 『私はミスに気付きませんでした』
 とまで言ってくださいました。
 菓子折りを持って謝りに行った先生が、
 日本に何人いるかわかりませんが、
 私は医療者側にミスがあれば謝るのが当然だと思います。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ