医学講座

テープのかゆみ

 傷に貼るテープに、
 さくらんぼさんからコメントをいただきました。
 傷に貼っていましたが、
 痒くて我慢できず、
 1ヶ月も貼りませんでした。

 きずに貼るテープによって、
 接触性皮膚炎になる方がいらっしゃいます。
      ■         ■
 テープによるかゆみもさまざまです。
 テープの周囲まで、
 真っ赤になってしまう人もいれば、
 ちょっと痒い程度の人もいます。
 テープの糊が原因のこともありますし、
 素材が原因のこともあります。
      ■         ■
 貼り方が間違っていることもあります。
 きずを寄せるようにと説明されたので、
 ぎゅーっと
 引っ張るように貼る
 …のはよくありません。
 昔、私自身が間違っていました。
 そうすると、
 テープによって水ほうができます。
      ■         ■
 水疱ができるほど強く貼ると、
 テープによって表皮がはがれます。
 表皮剥離(ひょうひはくり)と言います。
 これはテープによって、
 皮膚が機械的にはがされてしまい、
 その結果として水疱ができたものです。
 貼り方を、
 ひっぱらないようにするだけで
 かゆみが改善することがあります。
      ■         ■
 かゆくなりにくいテープもあります。
 紙のテープではなく、
 キズパワーパッドのような製品もあります。
 難点は、
 紙のテープの何倍もすることです。
 エアウォールUVは薄くて目立たないですが、
 キズの緊張を取るために使うには、
 薄すぎて向かないと思います。
 かゆくて貼れない人は、
 先生に相談してみてください。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ