二重・眼瞼下垂

微妙な左右差は無理に修正しない

 2015年9月22日と23日の第38回日本美容外科学会(横浜)
 眼瞼下垂症の発表で印象に残った症例です。
 あえてお名前は出しません。
 私と同じように、
 大学病院で形成外科講師をしていた、
 形成外科専門医の先生です。
 上手な先生です。
 目の手術もたくさんしていらっしゃいます。
      ■         ■
 若い女性の眼瞼下垂症手術をしました。
 微妙な左右差が残ったので、
 その先生が修正手術をしました。
 それでも患者さんは満足せず、 
 もう少し治して欲しいと希望されたそうです。
 私たちが見ると、、、
 よ~く見ると多少の左右差はあるものの、
 ふつうの人が見てもわからないくらいの左右差でした
      ■         ■
 先生は、
 これ以上の修正はできないと断ったそうです。
 患者さんは満足せず、
 他の美容外科へ行って修正手術を受けました。
 結果は見るも無残でした。
 修正どころか、
 最悪な結果になっていました
 手術直後にはいこれででき上がりと言われたそうです。
      ■         ■
 患者さんは、
 先生ごめんなさいと戻って来られました。
 どうしてこんな結果になったの?
 患者さんは泣くだけで…
 先生は、
 また難しい修正手術をすることになりました。
 他で傷つけられてしまった目は、
 元に戻すことも難しくなります。
 それでもどうにか見られる目になっていました。
      ■         ■
 誰が手術をしても、
 微妙な左右差が残る患者さんはいます。
 もともと左右差がある先天性眼瞼下垂症や、
 片方の眉を上げる癖のある患者さんの目は難しいです
 何百例も手術をしている先生が、
 これ以上の修正はできないと言われたら、
 よほどの左右差でなければ、
 無理に修正手術はしないことをおすすめします
 口だけうまい先生もいます
 信じてはいけない先生にだまされないでください。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ