医学講座

第42回日本熱傷学会(浦安)②

 第42回日本熱傷学会(浦安)は、
 今日までの2日間です。
 残念ですが、
 私は一日目だけを聞いて、
 昨夜の飛行機で札幌に戻りました。
 快晴であたたかな浦安とは違って、
 6月だというのに札幌は寒いです。
      ■         ■
 今年は少し遅く、
 リラ冷えがやってきたようです。
 寒い北国では、
 暖房が不可欠です。
 私が子供の頃は、
 石炭ストーブでした
 いろりこたつでは、
 北海道の寒さ対策にはなりません。
      ■         ■
 昔の暖房は、
 いろりにしても火を使うものでした。
 危険な熱源が家庭にありました。
 有名な野口英世が手をやけどしたのは、
 いろりに落ちたからでした。
 昔の暖房やお風呂は、
 よくやけどの原因になっていました。
 世の中が進歩して、
 安全♡な設備が増えました。
      ■         ■
 北海道は寒いので、
 火を使う暖房が多くありました。
 炭鉱もたくさんあったので、
 炭鉱事故で大やけどになる方もいらっしゃいました。
 時代が変わって、
 重症熱傷の患者さんが減りました。
 それでも事故で重症熱傷が発生することがあります。
      ■         ■
 子供さんがやけどをすると、
 親は必ずあとが残りますかと質問されます。
 残念ですが、
 ある程度の深さのやけどは、
 必ずあとが残ります
 でも治療方法も進歩しました。
 少しでもあとを少なくする治療法があります。
 日本は熱傷治療の先進国です。
      ■         ■
 私が日本熱傷学会に入会して、
 35年以上が経過しました。
 毎年、熱傷学会に参加するのは、
 最新の治療法を勉強するためです。
 ネットには間違った情報がたくさんあります。
 2016年6月現在の、
 あとが残りにくいやけどの治療法をお教えします。
      ■         ■
 親が一番気にする子供のやけどです。
 少しでもあとを残さないようにするには、
 フィブラストスプレーを受傷早期から使います
 ②トップドレッシングというキズを保護する材料です。

 昨日の熱傷学会をお聞きすると、
 軟膏を使う先生と、
 創傷被覆材を使う先生がいらっしゃいます。
 私が発表を見た限りでは、
 創傷被覆材がいいと思いました。
      ■         ■
 一番問題なのは、
 やけどの深さや部位に合わせて、
 適切な材料を使って、
 適切な処置をすることです。
 先生のきずを見る目によります。
 一度処置を受けたからと言って、
 安心してはダメです。
 ちゃんと診ていただいて、
 しっかりフォローしてくださる先生がおすすめです。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ