医学講座

赤ちゃんのアトピーと保湿

 北海道で行方不明になっていた、
 7歳の田野岡大和(やまと)君が見つかりました。
 私もしつけに厳しい親でした。
 見つかってほんとうによかったです。
 昨日は安心して眠れました。
 またお父さんとファイターズの応援に来てほしいです。
      ■         ■
 子を思う親の気持ちはみな同じです。
 ご両親がアトピー性皮膚炎だと、
 自分の子供には、
 かゆい思いをさせたくないと思います。
 親が苦しんだ分だけ、
 子供への思いも強いです。
      ■         ■
 第42回日本熱傷学会(浦安)②の特別講演で、
 とても参考になるお話しを聞きました。
 かゆみを科学する
 順天堂大学医学部附属浦安病院皮膚科学名誉教授、
 順天堂大学大学院医学研究科環境医学研究所_所長
 高森建二先生
のお話しです。
 温厚で真面目な皮膚科の先生です。
 とても勉強になりました。
      ■         ■
 やけどは、
 ある程度よくなってくると、
 とてもとてもかゆくなります。
 かゆくなってひっかくと、 
 また悪くなります。
 かゆみ対策は、
 とても大変です。
 皮膚科の先生に相談しても、
 よくならないこともあります。
      ■         ■
 私もそうですが、
 年をとると、
 身体がかゆくなります。
 夜中に無意識のうちにかくことがあります。
 身体をかいていて、
 目がさめることもあります。
 かゆいのはつらいです。
      ■         ■
 高森先生のお話しで、
 どうしてかゆくなるのか?
 よく理解できました。
 神経が活発に伸びてくることが、
 高森先生のスライドでよくわかりました。
 かゆみを防ぐには、
 保湿がいいこともわかりました。
      ■         ■
 一番印象的だったのは、
 赤ちゃんのうちからしっかり保湿をしてあげると、
 アトピー性皮膚炎になるのを防ぐことができるという研究です。
 小児科領域でも、
 エビデンスがある論文があるそうです。
 確かに赤ちゃんには皮膚トラブルが多いです。
 しっかり保湿をしてあげて、
 皮膚が傷つくのを防ぐと、
 アトピーにならないそうです。
 これからお母さんになる女性に教えてあげたいです。
 高森建二先生ありがとうございました。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ