医学講座

皮膚腫瘍外科分野指導医更新2016

 専門医更新2015
 2015年1月9日の院長日記です。
 次の内容が昨年の院長日記です。
 私は日本形成外科学会と、
 日本熱傷学会の、
 専門医です。
 昔は認定医と呼ばれていました。
 国の方針で、
 どこの学会でも専門医になっています。
      ■         ■
 医師免許証は、
 一度取得してしまえば生涯有効です。
 大きな問題を起こして、
 医業停止処分でも受けない限り、
 免許停止になることはありません。
 私が知っている先生で、
 免許停止になったのは、
 悪質な脱税
 殺人、
 …などです。
      ■         ■
 前回の更新が2009年でした。
 専門医更新
 …という2009年1月8日の院長日記に書いてあります。
 今回から、
 専門医更新が6年毎になりました。
 書式も変わりました。
 診療実績記録という様式4が変更になっています。
 この様式4が面倒です。
      ■         ■
 診療を行った施設名・所在地、
 勤務の態様(常勤か非常勤か?)
 外来担当日数、
 1日の患者数(平均)、
 手術件数(月平均)、
 レーザー治療(月平均)、
 創傷処置・褥瘡処置など(月平均)、
      ■         ■
 私のように、
 開業して一箇所のクリニックであれば比較的楽です。
 大学の先生のように、
 6年間に何回か転勤して、
 複数のクリニックでアルバイトをしていたとなると、
 よほど詳しく記録をつけていないと、
 正確に記載するのは難しいと思います。
 若い先生は、
 専門医更新のことも考えて、
 自分でデーターベースを作っておく必要があると思います。

      ■         ■
 今年は、
 日本形成外科学会特定分野指導医制度
 皮膚腫瘍外科分野指導医
の更新年です。
 長い名前の指導医です。
 2011年に取得した、
 日本形成外科学会特定領域指導専門医
 皮膚腫瘍外科指導専門医

 今年のは、
 皮膚腫瘍外科分野指導医
 分野の2文字が入っています。
      ■         ■
 2016年6月30日必着で、
 書類を送らなくてはなりません。
 いつもは、
 余裕で書類を作成する私ですが、
 今年は4月から忙しく、
 ようやく昨日から取りかかりました。
 面倒なのが、
 診療実績報告書です。
      ■         ■
 学会からの通知によると、
 分野指導医資格取得後に関わった症例の、
 【件数】を記載して報告となっています。
 (手術したもの以外も含む)
 手術件数なら比較的簡単に抽出できます。
 皮膚腫瘍の患者さんに、
 関わった症例数となると抽出が難しいです。
 若い先生への助言です。
 専門医更新のために、
 自分が関わった症例のデーターベースを、
 必ず作成されることをおすすめします。
20160613-1
20160613-2

専門医の維持も大変です
TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ