医学講座

空室がありません2016

 平成28年6月14日、北海道新聞朝刊の記事です。
 オフィス空室率11カ月連続低下
 オフィス仲介の三幸エステート(東京)が6月13日発表した5月の札幌のオフィスビル平均空室率は、前月比0.46ポイント低下の5.59%だった。11カ月続けて前月より下がり、1994年1月の統計開始から最も低い状態が続いている。
 主要3地区別では、札幌駅南口は0.4ポイント低下の1.8%、北口は0.4ポイント低下の2.9%、大通は0.3ポイント低下の4.9%といずれも下がった。幅広い業種でオフィス需要が根強く、まとまった面積を確保できるビルは一段と減っている。3.3平方メートル当たりの募集賃料は前月より130円安い7754円だった。
 (以上、北海道新聞より引用)

      ■         ■
 札幌のビルが人気です。
 近くに建設中の富国生命と越山ビルディングの跡地は、
 竣工1年前から全館満室だそうです。
 特に札幌駅前通地下歩行空間チ・カ・ホ)に直結したビルが人気です
 2011年3月に開通してから、
 札幌の人の流れが変わりました。
 雨の日は濡れず
 雪の日は寒くなく
 晴れの日は日焼けしません。
      ■         ■
 大同生命との裁判ははじまったばかりです
 第一回口頭弁論が2016年5月30日でした
 次回は、
 2016年7月25日月曜日13:30からです。
 Googleで『大同生命+札幌』を検索すると、
 私の院長日記、
 大同生命のリスク
 …が相変わらず上位にヒットします。
      ■         ■
 私が入居するコンタクトオフビルからも、
 何店かのテナントさんが移転されました。
 裁判になっているのは、
 医療法人札幌美容形成外科だけです。
 階下の雪印パーラーさんも
 なかなか移転先が決まらないようです。
 理由は空き室がないからです。
 毎年いらしてくださる、
 脇汗ボトックスの患者さんから激励されています
 先生のところがなくなったら困る
 患者さんが困らないように、
 札幌弁護士会の高橋智先生ががんばってくださっています

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ