医学講座

2016年前半を振り返る

 今日は2016年6月30日です。
 今年が半分終わりました。
 激動の2016年前半です。
 正月から父親が入院して手術
 無事に手術が終わり
 元気に90歳の誕生日を迎えたと思っていたら
 間質性肺炎になり、
 一週間であっという間に天国へ旅立ちました
      ■         ■
 やれやれと思う間もなく、
 大同生命から
 建物明け渡し訴訟で被告にされました
 こちらは、
 弁護士の高橋智先生が、
 穏便に調停を申し立てたのに
 調停には応じませんでした。
 相手方は訴状で、
 賃貸人である原告を徒に誹謗中傷する記述を繰り返していると訴えてきました。
      ■         ■
 私は、
 48歳で札幌医大を追い出されました
 追い出されることには慣れています。
 訴えられて、
 準備書面でいろいろ書かれると、
 闘志がわいてくる人間です
 相手方は大企業。
 弁護士も複数です。
 疲れますが、
 根性だけはあります
 後世に残る記録を残します
      ■         ■
 HTBテレビが取材をしてくれ
 テレビの画面で自分の主張を語りました
 これだけでも満足です。
 昨日は、
 同級生が心配してくれて、
 私を食事に誘ってくれました。
 ありがたいことです。
 とても嬉しかったです。
      ■         ■
 患者さんからも、
 先生がんばってと言っていただいてます。
 さくらんぼさん
 なっちゅんさん
 他の皆様からも、
 たくさんの応援をいただいています。
 ほんとうにありがとうございます。
      ■         ■
 高橋智先生の
 Sammy’sダイアリーが役立ちます
 民事訴訟の大筋の流れをつかむ
 2013年11月22日のダイアリーです。
 訴状を受け取った被告は答弁書を作成して、期日前までに裁判所に提出をします。
 その後、答弁書に対して、原告側は反論します。その反論を書いた書面が準備書面です。そして、その準備書面に対して、被告側も反論の準備書面を記載します。
 双方の準備書面のやりとりは、争点を明確化するために行われます。相手方が認めたことは立証する必要がないわけで、立証が必要になるものは何かを絞り込むわけです。
 相手方から届いた準備書面の内容を見て、怒り出したり、裁判所がそう思っているのかと勘違いして動揺してしまう方もいらっしゃいますが、このような大きな流れを知っておくことが大切だと思います。

 2016年後半もがんばります

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ