医学講座

開業形成外科医に必要な知識①

 私のように、
 形成外科を標榜して開業する医師への助言です。
 これから開業しようと考えている先生へ、
 62歳の形成外科医としての考えを伝えます。
 私の独断と偏見に満ちた考えなので
 聞き流してくださって結構です。
 自分の経験に基づいて、
 できだけ詳しく書きます。
      ■         ■
 私はもともと勤務医志向でした。
 大学に残って偉くなりたいとか、
 開業してお金儲けをしたいとか、
 考えてもみませんでした。
 結婚する時にも
 家内には言いませんでした。
 将来は北海道内の病院に勤務
 …がプロポーズの時の言葉です
      ■         ■
 私が形成外科を選んだのは
 傷をきれいに治したいという理由でした
 医学部の学生時代に、
 形成外科に興味を持ってくれる学生さんがいます。
 中には、
 俺はフェラーリに乗りたいから…
 …と美容外科医を目指す人もいます。
 でも、
 実際にフェラーリを買える美容外科医はほんの一部です。
      ■         ■
 日本形成外科学会のデーターベースがあります。
 一番多い形成外科手術は、
 皮膚腫瘍の手術です
 私は、
 形成外科で開業を目指すなら、
 皮膚腫瘍の診断を、
 しっかりできるようになることをすすめます。
 こわいのが皮膚悪性腫瘍です
      ■         ■
 高価なレーザー機器を買う前に、
 ちょっと高価な、
 ダーモスコピーを買って
 少なくとも、
 脂漏性角化症、
 色素性母斑、
 基底細胞腫、
 悪性黒色腫、

 この4つが鑑別できる目を持つことです。
      ■         ■
 高価なレーザー機器をリースで入れたので、
 せめてリース代だけは、
 自費診療で稼ごうなんて、
 絶対に考えないことです
 高価なレーザー機器は、
 すぐに陳腐化します。
 高級車と同じで、
 すぐに価値が下がります。
 メーカーも次々と新機種を出します。
      ■         ■
 形成外科で開業しようと思うなら、
 まず皮膚腫瘍の診断と手術が、
 皮膚科以上にできないとダメです。

 皮膚科の先生から、
 皮膚腫瘍の患者さんを紹介してもらえるくらい、
 上手に手術ができないとダメです。
 高価なレーザー機器を買う前に、
 しっかり皮膚腫瘍の手術ができることが、
 開業形成外科医に必要な知識と技能です。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ