院長の休日

ダイソー社長の矢野博丈さん

 今朝のがっちりマンデーで、
 ダイソー大創産業の代表取締役、
 矢野博丈さんが出演されていました。
 ネットで検索しました。
 矢野博丈やのひろたけ
 1943年生まれ。
 中央大学卒業後、
 妻の実家のハマチ養殖業を手伝うものの、
 3年後に倒産し夜逃げ同然上京。
 教材販売・ちり紙交換他数々の職を転々とし、
 1972年妻と共に、移動販 売事業を開始した。
 1991年に直営第1号の「高松店」をオープン。
 以来商品数を武器に店舗数を拡大。海外にも展開している。

      ■         ■
 私もよくダイソーにお世話になっています。
 安くていいお店です。
 何でもあります。
 こんなものが100円?
 …と思うような商品ばかりです。
 おねだん以上です。
 がっちりでは、
 とても謙虚な社長さんに見えました。
      ■         ■
 私より11歳年上です。
 矢野社長さんのお言葉で印象に残ったことです。
 倒産しなければいい
 畳の上で死にたい
 私も同じ思いです。
 ダイソーの店長さんが出ていました。
 実に生き生きとしていました。
 一番大切なのは、
 
 社員
 …だそうです。
      ■         ■
 商品への細かな配慮が見えました。
 悪い点を、
 しっかり消費者にわかるように、
 大きく記載するそうです。
 これもすごいと思いました。
 小さな字で、
 軽微な仮性包茎に限る
 …と書いてある美容外科とは大違いです。
 私もダイソー社長の矢野博丈さんを見習って、
 これからも働きます。
 でも医療で100円均一は無理です

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ