医学講座

命扱う外科医に感じた謙虚さ

 平成29年12月5日、朝日新聞朝刊、声の欄への投稿です。
 命扱う外科医に感じた謙虚さ
 無職 木佐美元子(栃木県 76)
 このたび肺の手術をした。主治医は30代前半の若い医師。ベテランの外科医とチームを組み、執刀していただいた。
 数日して抜糸をする時、聞いてみた。「人の体を切ったり取ったりするって、どうですか」。すると彼は神妙な顔で「何で医者なんかになったんだろうと思いますよ」と言う。「快感や達成感はないんですか」と尋ねると、「失敗したらどうしようと思うばかりです」。
 私は感銘を受けた。人間は失敗する生き物だ。だが人命を預かる医師は失敗が許されないとされる。命を扱うことへの恐れと謙虚さがなければならないのだろう。看護師の話では、彼は気になる入院患者がいると、朝の6時半ごろには病棟に来るらしい。生徒が教師を育てると言われるように、患者が医師を育てる一面もあるのかもしれない。
 今も通院中だが、主治医の顔を見るとホッとする。術後の痛みに悩む私を支えてくれる精神安定剤のような人だ。
 (以上、朝日新聞より引用)

      ■         ■
 今日は朝から気分がいい投稿を読ませていただきました。
 栃木県の木佐美元子様の主治医は、 
 間違いなくいい先生です。
 私も30代の時は、
 何で形成外科医なんかになったんだろう
 …と思ったことがありました。
 私が手術をした患者さんの、
 植皮が生着しませんでした
      ■         ■
 今から考えても、
 失敗ではありませんでしたが、
 植皮が落ちたことに間違いなく、
 患者さんは再手術になりました。
 命にかかわることではありませんが、
 患者さんにはキズが増えてしまいました。
 落ち込みました。
 婦長さんに励ましてもらいました
      ■         ■
 投稿者の木佐美元子様の主治医のように、
 失敗したらどうしよう
 …と思っている先生は、
 失敗しません
 逆にドラマのように、
 私、失敗しないので
 …の先生は失敗します
 外科はチーム医療なので、
 こんな先生と働くのは疲れます
      ■         ■
 私も30代は休み無く働きました。
 自分が手術をする前には、
 とても緊張しました
 指導する立場になってからは、
 下の先生が、
 たとえ失敗しても、
 それを軌道修正して、
 成功させていました。
 投稿者の木佐美元子様が書かれているように、
 命を扱うことへの恐れと謙虚さ
 …はいつも忘れていません。
 木佐美元子様のご回復をお祈りしています。
 いいお話しをありがとうございました。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ