医学講座

美容外科と感染症

 昨日の院長日記、
 二重埋没法にMRSA
 …の続きです。
 埋没法の糸にMRSAが感染するのは、
 きわめて極めてまれです。
 おそらく論文を検索しても出ません。
 私も一例しか経験していません。
 学会報告もしていませんし論文にもしていません。
      ■         ■
 はっきり言います。
 大手美容外科に感染症の専門家はいません。
 もうけ
 …が上手で、
 二重埋没法を一人5分でできる先生はいても、
 術後トラブルになった感染症を治せる先生はいません。
 大あわてで救急車を呼ぶか、
 大きな病院の救命救急センターに搬送するだけです。
      ■         ■
 美容外科でトラブルになった患者さんを、
 大きな病院の救命救急センターで治すのは、
 救急医と形成外科医です。
 脂肪吸引の医療事故2016
 脂肪吸引のトラブル
 痩身目的の注射で広範囲壊死を生じた1例
 形成外科の知識と技術で救命できました。
      ■         ■
 形成外科が美容外科には役立たないという医師もいます。
 私が思うに、
 ちゃんと形成外科を勉強しなかった医師です。
 形成外科専門医レベルまで勉強した先生は、
 専門医を取得するまでにさまざまな患者さんを治療します。
 足病あしびょう
 …という大変な病気があります。
 恩師の大浦武彦先生が本を書かれました。
      ■         ■
 足病のスペシャリストは、
 感染症の知識が豊富です。
 再建方法もよく知っています。
 糖尿病など、
 全身の病気についてもよく知っています。
 いろいろな病気のことをよく知って、
 はじめてキズを上手に治せるようになります。
 なんちゃって美容外科医
 …とは違います。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ