二重・眼瞼下垂

眼瞼下垂症手術の糸2018

 今日の札幌は晴れのいいお天気です。
 久しぶりに眼瞼下垂症の話題です。
 開業して14年です。
 札幌美容形成外科で一番多い手術
 眼瞼下垂症手術です。
 残念なことですが、
 私が手術をさせていただいても、
 再発することがあります
      ■         ■
 他院で手術をされた方も来院されます
 眼瞼下垂症手術で、
 一番のポイントは、
 挙筋腱膜の固定だと
 私は考えています。
 この挙筋腱膜の固定に使う糸が、
 先生によってかなり違います。
 私は非吸収糸を使います。
      ■         ■
 吸収糸を使う先生もいます。
 固定する糸の本数も、
 先生によって違います。
 学会に出席して話しても、
 さまざまな意見があります。
 私の目には、
 片目に3本ずつ非吸収糸が入っています。
 何の問題もなく快適に生活しています。
 大竹尚之先生に感謝しています
      ■         ■
 眼瞼下垂手術に使う糸
 2010年12月22日に書いた院長日記です。
 8年前の院長日記を読み返してみると、
 吸収糸は使わない
 …という私の主張です。
 2018年11月の私の主張です。
 私が手術をしても将来再手術になることがあります。
 将来、再手術を受ける時に、
 見つけやすい非吸収糸を使うのがいい

 …という考えを残しておきます。 

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ