医学講座

第134回日本美容外科学会学術集会(東京)①

 今日は朝から東京出張でした。
 日本美容外科学会は毎年冬に東京で学術集会があります。
 昨年まではパレスサイドビルのマイナビルーム9階でした
 地下鉄直結のビルで便利でした。
 皇居が見えて景色のいい会場でした。
 今年はビル建替えのため使えなくなり、
 急遽変更になりました。
 学会長の多久嶋亮彦たくしまあきひこ教授は、
 ほんとうに大変だったと思います。
 ありがとうございました。
      ■         ■
 札幌を朝7:03のJRで出発しました。
 一年で一番寒い時期の札幌から来ると、
 東京は晴天でした。
 とても暖かい一日でした。
 東京日帰りは大変ですが、
 日帰りできるのは、
 ありがたいことです。
 札幌⇔東京は飛行機の便数がとても多いです。
      ■         ■
 とても有意義な学会でした。
 会場も立派でした。
 私の目の主治医、
 大竹尚之先生とお隣で学会を聴いていました。
 詳しい学会の内容は明日以降に書きます。
 今は羽田空港でこれから札幌に戻ります。
 学会プログラムです。
 第134回日本美容外科学会学術集会
 プログラム
 会場: TKP ガーデンシティPREMIUM 神保町「プレミアムボールルーム」
 12:55~開会の辞
 13:00~14:00 教育講演1
 座長:尾﨑 峰(杏林大学医学部 形成外科)
 EL-1 性同一性障害(GID)の外科治療について
 ~GID の基礎から乳房切除、性別適合手術、顔面女性化手術まで~

 百澤 明
 山梨大学医学部附属病院 形成外科
 14:00~14:32 一般演題1
 座長:白石知大(杏林大学医学部 形成外科)
 O-1 炭酸ガスレーザーによる黒子治療後に生じた陥凹瘢痕に対して、
 トレチノイン軟膏と炭酸ガスレーザーにより平坦化した1例

 佐藤大介1)、尾崎 峰2)、多久嶋亮彦2)
 1)大塚美容形成外科、2)杏林大学医学部 形成外科
 O-2 帯状疱疹による高度顔面変形を来たした2 例に対する治療経験
 林みどり、三川信之、栗山元根、窪田吉孝、秋田新介、山路佳久、手塚崇文、
 緒方英之、小坂健太朗、島内香江、田村 健
 千葉大学医学部形成外科
 O-3 PBserumの紹介と使用経験
 野田宏子
 ちば美容.形成外科クリニック
 O-4 鼻骨内に発生した静脈奇形を鼻腔内アプローチにより切除した一例
 富岡容子1)、沼畑岳夫1)、森脇裕太1)、近藤健二2)、岡崎 睦1)
 1)東京大学医学部形成外科、2)東京大学医学部耳鼻咽喉科
 14:40~15:40 教育講演2
 座長:小室裕造(帝京大学医学部 形成外科)
 EL-2 世界における隆鼻術の歴史
 白壁征夫、白壁聖亜、片岡二郎
 サフォクリニック
 15:40~16:12 一般演題2
 座長:成田 圭吾((杏林大学医学部 形成外科)
 O-5 中切開法を応用した皮膚性眼瞼下垂の治療
 亀井康二、木村哲治
 カメイクリニック
 O-6 切開重瞼術の手術瘢痕を目立たなくさせるための工夫
 石井秀典
 大塚美容形成外科
 O-7 オトガイ形成術と関連した筋肉群‐梅干し皺はなぜできるのか‐
 中西雄二1)、坂本好昭2)、今西宣晶2)、小原直樹1)
 1)表参道スキンクリニック美容外科センター、2)慶應義塾大学形成外科
 O-8 当院の婦人科形成術~年間5000症例の現況と課題~
 福澤見菜子
 湘南美容クリニック松戸院
 16:15~17:15 特別講演
 座長:吉村浩太郎(自治医科大学 形成外科)
 SL 最近の医療紛争の状況と対応策
 中島章智
 中島・宮本・溝口法律事務所
 17:15~開会の辞

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ