医学講座

パブロフの犬

 さくらんぼさんから、
 コメントをいただきました
 先生のお宅のそら君は誰もいない間どうしてますか?
 我が家の犬は子犬のくせに寝ないし
 お父さんがが帰って来ては遊び、
 息子が帰って来ては遊び、
 畑でも遊び、
 散歩は行かないとうしろに行くし。

      ■         ■
 うちの犬は、
 私が訓練する前は、
 何もできないばか犬でした。
 訓練した後でも、
 うちの奥さんの手をかんでいました。
 しまいにラップを食べてしまい、
 開腹手術までしました
 院長日記を見ると、
 2011年のことです。
 そら君は2歳でした。
      ■         ■
 私が飼いはじめたのは、
 1歳を過ぎてからです。
 待てもできないし、
 お手もできない犬でした。
 私が訓練しました。
 犬の訓練は、
 最初のチェリーを飼いはじめた時に、
 本を買って勉強しました。
 しつけは大変です。
      ■         ■
 しつけに成功したわけではありません。
 ムダ吠えはするし、
 宅急便の人には吠えるし、
 今でもだめな犬です。
 私が犬のしつけで考えたのが、
 パブロフの犬
 条件反射です。
 高校の生物でやったあれです。
      ■         ■
 うちの犬は食欲だけは旺盛でした。
 餌の時間を楽しみにしています。
 餌は一日2回です。
 まず、
 待てができるようにしました。
 待てができないと餌をもらえません。
 餌は少しずつ与えます。
 一回の餌やりで、
 20回も待てをさせました。
 ばか犬でも訓練すると、
 待てができるようになりました。
      ■         ■
 餌は必ず、
 ケージの中でやりました。
 そうしないと、
 餌を持っているだけで、
 ぴょんぴょんと飛びついてきます。
 残念なことに、
 私の言うことをきくのは、
 餌を持っている時だけという、
 副作用までできてしまいました。
 わたし流の犬のしつけです。

犬が見ているのはえさです
TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ